2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.18 (Tue)

口蹄疫被害拡大!民主政権に激怒!!

予定では、今日もリーディング結果報告なんですが、
現在、個人的に気になるって言うか、非常に怒っていることがありまして、
読者の皆さんには申し訳ないですが、ちょっと怒りをはき出させて下さい!

皆さん、宮崎県で発生している口蹄疫被害を御存知でしょうか?

私の親戚筋で和牛の子牛生産している人が何人かいますので
(農業の傍ら、何頭か飼っている状態なので、畜産専業ではないです。
また、宮崎からは離れているので、感染被害は今のところありません)
多少は私達が口にする和牛がどのようなシステムで生産されているのか知っています。

昨日、宮崎の種牛が処分される事を知りましたが、
もう、本当に、このニュースには悲しいやら激怒するやら、
能なし政府と赤松大臣には心底失望&怒りを感じています。
(被害が大きくなってから報道しだしたマスコミにも)

種牛がやられてしまったら、和牛畜産業そのものがもう駄目になったような状態です。
殆どの方は、どのように和牛が生産されているのか知らないと思いますので、
簡単に説明しますと、

食用和牛は、人工授精で生まれます。
種牛の精子を人工授精師さんにお願いして、雌牛に種付けしてもらいます。
その後生まれた仔牛は数ヶ月育てられ、子牛専用のセリにかけられます。
(うちの親戚筋は、皆、この段階まで関わっています)
セリにかけられた子牛は、全国の畜産農家が買い取り、
そこで成牛になるまで育てられ、一部の優秀な雄牛は種牛に
一部の雌牛は子牛を生む母牛に、そして大半は私達の口に入るわけです。

種牛の精子にはランクがあり、霜降りが多い等、肉質が良く、
体格が良く、子孫に良い牛が生まれた雄牛の精子ほど高額です。
また、雌牛に種付けする際には、きちんと血統を確認します。
近親交雑にはならないよう、また、何かしらの遺伝的問題が発生しないよう、
交配には注意しています。
(JA?かどこからか、注意すべき組み合わせの血統を知らせるポスターなんかが配られてます)
それに、この系統とあの系統を組み合わせると、いい子牛が生まれるとか、
その辺のことも考えて交配しています。

雄雌とも、確か父方母方双方の二代か、三代前までの血統が登録されてます。
ちなみに生まれた仔牛は雄も雌も、両親の血統と鼻の紋(牛の指紋のようなものです)、
個別の識別番号を登録されています。(耳に付けている番号札がその識別番号)

うちの親戚筋は、子牛生産していますから、種牛の情報は重要なわけです。
私もその関係で、高ランクの種牛の名前は少し知っていました。
(その親戚筋の家に行くと、土間に種牛のポスターがわんさか貼ってあるので)
良い種牛ほど、雄雌関係なく、子牛の血統登録にその種牛たちの名前が入っています。
つまり、母方か父方にその種牛の血が入っているわけです。
今回、宮崎で49頭の種牛が処分されるわけですが、
その種牛たちの名前、何匹か聞き覚えがありました…。
多少畜産に携わっている人なら、聞き覚えのある牛たちばかりなんですよ。

読者の皆さんの中には、
「まだ6頭の高ランク種牛が残っているし、大丈夫なんじゃないの?」
って思われる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、…これは私個人の考えですが、
高ランクの牛がこれだけ処分されると、本当に大ダメージなんです。
上記で、どの子牛にも血統に優秀な種牛の血が入っていると書きましたが、
これは、多くの優秀な種牛がいるからなんです。
優秀な種牛が少なくなれば、交配できる組み合わせは自然と減るわけです。
そうなると、どうしても低ランクの精子を使うわけで、和牛全体の肉の質は落ちます。
同時に、高品質の牛肉は減り、値段は高騰するでしょう。

遺伝的多様性と優秀な遺伝情報を失う…、これが一番の損失でしょうね…。

新しい高ランクの種牛を育てるには五年~十年はかかります。
優秀な種牛が失われた事もありますし、高ランクの雄牛の出現は、
一種の運みたいなものもあるんじゃないかと思いますので。

本当に、もっと初期に本格的に対策を立てていれば
これ程ひどい事にはなりませんでした。
鳥インフル並の対策ができていれば、まだおさえられていたはず。
そして、殺処分された牛を廃棄するのに、自衛隊の協力を得て、
人海戦術で迅速にできていれば…(T_T)

最終的に殺されて食べられてしまうとは言え、
畜産農家の方々は、本当に大事に可愛がって育てているんです。

私は子牛生産関係(且つ、親戚筋での飼育方法)しか知りませんが、
母牛たちにはできるだけストレス無く、健康で丈夫な子牛を産んでもらうべく、
餌は栄養たっぷり、配合飼料に枯れ草に、わざわざ畑で育てた
新鮮な牧草も時折給餌(季節モノなので、毎日は無理)
牛舎はできるだけ清潔に、食事時以外は自由に運動できるように
(食事時は一頭一頭繋がないと、強い牛が弱い牛の分まで食べしまい、
弱い牛は十分に食べられないのです。牛の世界もきちんと強弱関係あります)
運動場も完備。
獣医さんの診察も欠かしません。

一方、子牛は、親牛に比べて身体が弱いですから、
寒い時期の朝晩は電熱ヒーター(電気ストーブのようなものです)
を設置して、冷えから守ってやり、
母牛の乳の出が悪ければ、牛用粉ミルクを牛用ほ乳瓶で与えてやり、
体調管理にも気をつかって、餌も工夫して与えています。
(親戚筋は、乳酸菌?のようなものを独自ブレンドしてました。
子牛の下痢対策に)

このように手間暇かけて、我が子同然に育てた牛たちが
あんな事になるなんて…!
私も少しはお世話していましたから、本当に悲しいし、
対策が後手後手にまわっている民主党政権には怒りしかわかない!

すでに起こってしまったことに、グダグダ言いたくは無いですけど、
口蹄疫の被害が起こった頃、のんびり外遊&携帯の電源を切っていて
連絡が取れなかったという赤松農相に…本気で怒ってます。
今頃になって対策本部をたてた現政権にも!!

一方で、迅速に対応した東国原知事と、宮崎県の畜産業の方々には
心からエールを送りたい!

口蹄疫に関する義援金は、今のところ宮崎県内の市町村及び県庁の
募金箱で募集しているようです。
口座振り込みは準備中だそうです。
詳しくは下記を参照

宮崎県:口蹄疫に関する情報提供
宮崎県:口蹄疫に関する義援金募集

私も口座振り込みが可能になったら、少額ですが義援金を送ろうと思っています。


本当に、民主党は駄目ですね。
子供手当て、外国人参政権、普天間問題、金銭関係、etc…。
あんまり批判めいた事は書きたくないんですけど、
今回は本当に頭にきた。

元々民主不支持であった私は、政権交代した時点で
「こりゃ、日本やばいよ」
とは思ってましたが、これ程とは…。

次の選挙は、絶対に民主党以外に入れますよ、私は!
くそっ、絶対に許さん、民主政権!
打倒、民主だよ!(>_<)/

思いに任せて怒りはき出してみました。
私も同じ気持ちよ!と思われる方、是非応援クリックを!!

(下書き時に、パソコンの不調もあり、誤って公開保存してしまいました。orz
書きかけの記事読まれた方、尻切れトンボになったかと思います。
申し訳ありませんでした)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
02:40  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/86-fdb574f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。