2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.03 (Thu)

リーディング結果報告24「子供の叱り方」

今日はひな祭りですね!
女のお子さんがいらっしゃるご家庭では、色々と御馳走を作ったりしてお祝いしたところも多いのかな?
私が雛祭りの御馳走で真っ先に思い浮かべるのは、ちらし寿司ですけど、
各家庭、または地域によって、食べる物や飾るモノも変わってくるんでしょうね~。(*^_^*)

ブログ右に貼り付けております「グリムス」
これもまた、今回雛祭りバージョンになっていて、相変わらずグリムスはイベント事にマメだな~と感心しきりです。(*^_^*)

グリムス 雛祭り

さて、子供繋がりで、と言うわけでは無いのですが、
私には珍しく、子育てに関するご相談をお聞きしたので、
本日は、子育てについてのリーディング結果を載せていきます。
今回もまた、前回同様、1月募集の無料リーディングでのご相談内容です。

最近は、子供の悲しい事件を耳にする事も多く、
子育て中のお母さん方の中には、日々、子育てでお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方々に少しでもお役に立てばと、ブログ掲載のご相談に選ばせて頂きました。

今回のご相談者は、「みるみる」さんです。
ブログ掲載を許可してくださって、ありがとうございます。



【 ご相談内容 】

はじめまして。
よろしくお願いします。

子供になかなか優しくできません。
3歳と8歳の娘がいるのですが、8歳の娘のほうに。
つい、厳しい口調で叱ってしまうし上から抑えつけるような言い方をしてしまいます。

よそで、たまたまそのような叱り方をしている親御さんを見たときには、
「こんな風に叱らなくてもいいのに・・・逆効果なのにな・・・」と
思うのですが、自分のやってることは一緒か、それよりひどいです。

わたし自身、子供のころ、抑えつけられるような叱られ方をしていたような記憶があり
そのことに反発していたはずなのに何故か、そのことが活かせていません。
(ちなみに叱っていた母はもう亡くなっています。)
その頃、母は、わたしのことより世間のほうを見ている、と思って反発していました。
世間の目のほうが大事なのだと。

今、自分が長女に対してしているのも
世間の目を気にして、
「あれしちゃダメ。こんなことしたら、人に迷惑がかかる!」
って視点に偏った叱り方が多い気がするのです。
世間との接点ができてきた頃から
こんな風に叱るようになってきたように思われます。

長女は、個性的な子供です。
叱るより、褒めて伸びる子だと、頭ではわかっています。
そして、世間よりも、長女のほうが大事です。
もっとのびのびと育ててあげたいし
イライラしながら、眉間にシワを寄せて接するようなやり方は、改めたいのです。

どうしたら、優しい愛情あふれる母になれるのでしょうか。
どうしたら、子供の目線に立って、寄り添えるのでしょうか。
こんなわたしに、今からでもできるのでしょうか。

抑えつけるようなやり方から、何とか卒業したいと思っています。
ハイヤーセルフさんにお言葉をいただきたいです。

どうぞよろしくお願いします。




【リーディング結果】

まず、みるみるさんのハイヤーセルフさんにお会いすべく
草原のイメージからスタートしまして、草むらの中を歩いていきますと、
前方に緑色の扉が視えてきました。
扉を開けてその先へと足を踏み入れると、そこは大きな木が幾つも生えた森の中でした。
森の中には木の実やキノコが生え、とても豊かな森です。

森の中の大きな木の傍に、一人の若い女性が座っていました。
どうやら、みるみるさんのガイドにあたる方のようです。
長い金茶色の癖のある髪をしていて、とても綺麗な方です。
顔立ちは白人系かな?とても存在感のあるゴージャスな感じの美女ですが、
着ている物は非常にシンプルで、足元まで丈のあるワンピースのような服を着ています。

彼女の周りには多くの動物達がいて、鹿やリスやウサギなどが沢山います。
彼女にまず、みるみるさんの質問に答えてくれるかどうか聞いてみたのですが、
どうやら別に、質問に答えてくれる方がいるようで、
指を指して「あちらに行け」とジャスチャーで教えてくれます。

彼女が指さす先に歩いていったのですが、なかなか目的の人物に出会えません。
何度も辺りをウロウロするうちに、急に風景が変わり、
周囲が柔らかな金色の光に溢れた場所となりました。
どうやらかなり次元の高い?所のようです。

そこに目指すみるみるさんのハイヤーセルフさんがいらっしゃいました。
かなり次元の高い?方らしく、実は容姿等は全くわかりませんでした。
全身が金色に輝く人型と言う感じです。
声のイメージや体格から、恐らく男性の方だと思います。
複数いるであろうみるみるさんのハイヤーセルフさん達の中でも
特に上の方にいらっしゃる方だと思います。
元は人間だとは思いますが、素性等は不明です。

非常に穏やかで優しく、英知に満ちた方です。
達観していらっしゃるというか、落ち着きがあり寛容です。
全てを包み込む愛情深さがあります。

この方がみるみるさんの問いに答えてくれるというので、
早速質問してみました。
以下、ハイヤーセルフさんからのメッセージです。


「貴女は、お子さん(特に長女さん)の叱り方について、お悩みのご様子ですね。

まず、初めに言っておきたいのは、子を叱ると言う行為、
これは決して悪いことであったり、子の成長を妨げる行為ではないと言うことです。
貴女は、叱るという行為に対して、罪悪感や良くない行為だという意識がありませんか?

子を叱るという行為、確かに程度というものがあって、
叱る必要のないことにまで叱ったり、八つ当たり的に叱るのは、よろしくないことでしょう。
しかし、子供というものは、やはり成熟した思考を持ち合わせていない分、
時には無茶をしますし、無知が故に周囲に迷惑をかけることもあります。

そうした時には、親として子を叱ることは必要なのです。
子の視線で…、優しく穏やかに…、このような母親を目指すことは決して悪いことではありませんが、
それだけの母親になってしまうことはお勧め致しません。
時には大人としての立場から物を言う必要がありますし
穏やかで優しいばかりでは、子に厳しい実社会に耐え抜く力が身に付きません。
大人として毅然とした態度を取ることもまた必要なことなのです。

また、貴女の幼少期の体験もあって、世間の目を気にするような叱り方は
良くないように思っているご様子ですが、人とは、社会性の生き物です。
この現代社会に生きていく上で、身につけねばならぬ社会のルールという物があり、
このルールとは、周囲の人間との摩擦を不用意に引き起こさぬよう上手く生きていく為の術でもあります。

お子さんのことを何よりも大事に想うことは素晴らしいことですが、
一方で世間様にご迷惑がかからぬように教えるのもまた、とても大切なことです。
貴女は世間を気にしすぎて子を叱るのが良くないように書かれていますが、
これもやはり程度の問題で、お子さんが他人に迷惑をかけるようであれば
「それはいけないことだ」と叱る必要があるでしょう。

貴女はもしかしたら、お子さんにあまりに叱りすぎる
と気に病んでいらっしゃるのかもしれません。
しかし、子を叱るのも親の務め。
あまりご自身を責めないで下さい。
貴女は母親として立派に子育てをなさっております。
どのような親であろうと、満点な子育てのできる親は僅かです。
皆、子を持ってから、様々なことを学び、親自身も成長しつつ子育てをしていくものです。
ご自身を責めてすぎて、良くない母親などとは思わないで下さいね。
貴女のことをお子さん達はとても愛しております。
お子さん達にとって貴女はとても素敵でかけがえのない母親なのです。

さて、優しい母親になりたいとのこと。
ついつい押さえつけるような叱り方をしてしまうとのことですが、
それは、貴女がイライラして叱ってしまうという感じでしょうか?
感情的に叱ってしまうと言うのであれば、
もしかしたら貴女の中に何かしらの不満が溜まっているのかもしれません。

その不満は貴女自身に関連すること
(自分の時間がない、体調不良、気軽に話せる友人がいない、等々)が起因かもしれませんし、
ご主人さんへの不満かもしれません。

もし貴女に家庭内の不満に心当たりがあるようでしたら、
夫婦のコミュニケーションを密に取るように努力するとか、
自身の環境を変えるなどしてみると良いかもしれません。

貴女の不満が解消され、心にゆとりが生まれれば、
自然と子に対する態度も穏やかになります。
また、子も、家庭内の穏やかで安定した雰囲気に安心し、所作が落ち着いたモノになります。

もし貴女が上記のことに心当たりが無くて、
イライラはしないけれども、きつい叱り方をしてしまうというのであれば、
母親からきつい叱り方で育てられたせいで、その他の叱り方を知らないのかもしれません。
貴女に信頼できるママ友達がいるようでしたら、
その方にどのようにお子さんを叱っているのか聞いてみるのも良いですし、
上手い叱り方をしている方を真似てみるのも良いかもしれません。
子育ての相談ができるような公共機関があれば、そこにご相談するのも良いでしょう。

実際に他の方の叱り方を知れば、自身と比較ができますし、
また皆同じように悩んでいることを知ったりして、精神的にゆとりが出てくるのではないでしょうか。

また、他にお勧めする方法は、叱る前に一拍置くというやり方です。
人が他人に叱る時、一瞬にして「それは駄目だ」という考えが脳裏に浮かんで
反射的に叱ってしまうことが結構多いのです。

反射的につい口を出してしまう前に、一つ深呼吸をして自身の気持ちを落ち着ければ、

「それは駄目だ」という考え以外のものに、貴女の思考が働きやすくなります。
叱る前に、一呼吸、お勧めです。

他には、貴女にお勧めするのは、叱る時は叱り、褒める時はしっかりと褒める、
と言うことです。
もし何かしら子供がいけないことをして叱ったとして、その後きちんとできているようでしたら、
それをしっかり褒めてあげれば良いのです。
子は褒められると、意外ときちんとルールを守ったりします。
けれども、親側が、子がいけないことをした時は叱るのに、
子ができた時には、それが当たり前のような顔をして、あまり褒めない場合も多いです。

貴女が母親に叱られて反発したというのも、貴女ができたことに対して
十分褒めてもらうことが無かった為、理不尽のように感じているからかもしれません。

貴女のお子さんは褒めて伸びるタイプのようですし、
叱ること、褒めることのメリハリをつけると良いのではないでしょうか?
できたことに対してしっかりと褒めてあげれば、叱るような行為をする事も減ってくるかと思いますよ。
そうすれば、穏やかで優しい気持ちでお子さんに接する時間も長くなるのではないでしょうか。

貴女のお子さん達が素晴らしい女性に育つよう、私達も応援しております。
あまり気を張りすぎず、少し身体の力を抜いて、リラックスして子育てを楽しんで下さいね」


以上で、ハイヤーセルフさんからのメッセージは終了です。
なんだかグダグダした回答ですみません…。

少し私から補足致しますと、長女さんは確かにみるみるさんがおっしゃるように
ユニークな個性をお持ちのようで、少々繊細な感じのお子さんのようです。
だからこそ、叱り方にも気を使うのでしょうが、
後々、できたことに対してしっかりと褒めてあげれば良いのでは?とおっしゃっているようです。
それこそ、褒める時は子供目線で、大きく褒めてみては如何でしょうか?
このほうが、そもそもの叱る原因になっている子供の問題行為が減るのではないですか?
という事らしいです。

また、優しい母親であることは素敵な事ですが、
優しいだけの母親ではよろしくないようです。
大人としての毅然さ、厳しさ、強さもまた、親として必要なようですね。



みるみるさんのリーディング結果は以上のようなものとなりました。
後日、みるみるさんからも丁寧なお礼&ご感想のメールを頂きまして、許可を得て掲載させていただきました。
みるみるさん、ありがとうございます。m(_ _)m

【ご感想】

にじいろ♪さん

リーディング結果、拝読させていただきました!
こんなに丁寧で、ボリューミーなリーディングが届くとは、感激です。
どうもありがとうございます。

まず、全体を通して読んでみての感想なのですが・・・
ハイヤーセルフさんのメッセージを読んでいて、
「このメッセージの内容、わたし知ってる・・・」
というのが、最初の印象でした。

知ってる、とは何事だ、という感じですよね、すみません^^;
何となく、こんな認識が既に頭の中にあったというか・・・
多分、このハイヤーセルフさんが、わたしにずっと
語りかけてくれていたんだと思います。
伝えようとしてくれてたんだと思います。
読んでみて、そのことが痛切にわかりました。

これを読んで、「じゃあ、わかってるのに、何でできないのか」
ということを、昨日はずっと考えていました。

そしたら、ハイヤーセルフさんも、その考えをキャッチしてくれてるのか?!
いろんなところで目にするメッセージなどに答えがあるんですね。
昨日から目につくメッセージをまとめてみると、
「とにかく自分が主体になること。主体的に行動すること。
自分が動くことで、世界は確実に変わっていく。」

当たり前のことなんですが、この「まず自分ありき」というところが
いつの間にかあやふやになってた気がします。
にじいろ♪さんのリーデイングがきっかけで、
そこに意識を向けられるようになりました。

そして、にじいろ♪さんのくださったメッセージの中にある
「自身の環境を変えるなどしてみると良いかもしれません。」
という言葉。

どの言葉もヒットするのですが、特にここが、まず一番大事だな、
と感じました。

環境への不満から、イライラが募ることがあります。
そこを変えていくのも、とにかく自分だな、と。

そして、褒めたくても褒められない・・・というのではなくて
まず自分で「褒めるぞ!!」みたいに意思をしっかり定めればいいのかな、と。
叱るのも、びしっと叱る、と。(結構ダラダラ叱ってしまうんですよね・・・)

うん、でも、自分の心の声をちゃんと聞いていれば
(その通りに行動できれば)
どうやら大丈夫なのかも、という自信になりました。
行動できるかどうかが、難しいところではあるのですが・・・
ハイヤーセルフさんのイメージを教えていただけたので
これからは、今まで以上に心の声を尊重することが
できるような気がします。

そうそう。
ハイヤーセルフさんのイメージなのですが、
何だかとても神々しいというか、まさかそういう方が
いらっしゃるとは思わなかったので、びっくりしました。
わたしなんかに、ありがとうございます。と、恐縮な気持ちです。
でも、ハイヤーセルフさんって、複数人、いらっしゃるんですね!
今まで1人なんだと、勝手に思い込んでました。

最初に出てきたガイドさんのイメージ、
以前、守護神鑑定、というのをやってもらったことがありまして、
その時に出た守護神さんのひとりに「聖フランシスコ」という方が
いらっしゃったのですが、彼のイメージが、たくさんの動物に
懐かれているというか、そんなイメージだったので
何となく、にじいろ♪さんの教えてくださった方のイメージと
重なりました^^性別は違いますが・・・

あ、もちろん守護神さんとは言っても、聖フランシスコその人が
そのまま付いてくださってる、なんておこがましいことは
思っておりません。
多分、そんなイメージの方が付いてくださってるんだろうな
という認識だったのですが、今回にじいろ♪さんが
視てくださった方が、もしかしてそうなのかな~♪と
何だか嬉しい気持ちになりました^^

今回のリーディング、わたしにとって、
とっても有意義なものになりました。
にじいろ♪さんには、感謝、感謝、です。
わたしに今まで見捨てることなくメッセージを伝え続けてくれてたと
思われるハイヤーセルフさんにも。

どうもありがとうございました(*^_^*)




【にじいろ♪の感想&所見】

みるみるさん、ご感想、ありがとうございました。(^^)/

みるみるさんにとって、心に響くモノがある、納得の内容となったようで、私もほっと一安心でございます(笑)。
私に子育てうんぬん語れるモノは無いですが、子育てって、お子さん一人一人、個性があって、当たり前だけど幼い分、なかなか通じないところもあって、本当に大変だろうなと思います。
優しくていつでも子供の味方!な母親も、いきすぎると子供を盲信し、叱ることのできない、常に子供の言いなりな親になってしまうわけで…、逆にいきすぎて、厳しい躾が虐待に繋がるのも問題ですけど、叱ること、褒めることのバランスが難しいですね。お子さんのタイプによって、叱り方、ほめ方にも、差異があるでしょうし…。
ハイヤーセルフさんからのメッセージが、みるみるさんの子育ての良きアドバイスとなれば、幸いです。(*^_^*)

みるみるさんの「この内容、知ってるわ…」的感覚ですが、実は、みるみるさん以外のリーディングを受けて下さった方の中にも、時折いらっしゃいます。
私のではなく、みるみるさんのハイヤーセルフがおっしゃっている事ですからね…、当然と言えば当然なんでしょうね。

でも、全身金色に輝くハイヤーセルフさんは、お客様では、みるみるさんが初めてです。(゚д゚)!
唯一、他人で視たことがあるのは、私のチャネリングの先生のハイヤーセルフです。
いや~、凄いですね!かなり高位の方だと思いますよ!
(普段傍にいるハイヤーセルフさんの上司?みたいな感じかも)

聖フランシスコさんのお話しにもビックリ。(゚д゚)!
後日、みるみるさんに聖フランシスコの絵柄の載ったURLを教えて頂いたのですが、
確かに性別は違えども、雰囲気が似てるよ~!
動物が周囲にいるし、優しげな感じが、うんうん、そういう感じで視えていたよ~という感じです。
でも、wikiで調べたら、聖フランシスコさんって、史実の人物で、明らかに男性なんですよね。
う~ん、どうして女性に視えたのか?
その前に、あの方は聖フランシスコさんだったのか?から、不明ではあるのですけど…。
私は、性別は異なるけど、聖フランシスコさんだったと信じたいなぁ!
(ホントに、雰囲気的なものが、絵柄に似ていたのですよ)

第七回の無料リーディングの結果報告は、今回で終了です。
次回、第八回無料リーディングは、今月下旬となりそうです。
申し込もうと思っている方がいましたら、募集日時が延び延びになってしまって、ご免なさいね。
募集日時に関しては、また事前にブログ上でお知らせしますね。
人数限定ではありますが、遠慮無くお申し込み下さいね。

また、有料でのリーディングも受け付けておりますので、
こちらもよろしくお願いします。(^^)/


読んでくれて、ありがとう。
応援クリック、よろしくお願いします。m(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
21:30  |  リーディング結果報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/74-d97563ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。