2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.28 (Wed)

箕面の名所 ~箕面の滝~

今日は、曇り&雨な上に、強風な一日でした。
天気が悪くて憂鬱だなぁと思っていたら、
外で、ピィピィと小鳥の鳴く声がする。
今の時期、子育てを始める野鳥も多いですから、
てっきり、「スズメがどっかに巣をつくったのかな?」
と思って、外を見てみたけど、どこにも巣らしきものは見えない。

その後も一時間に1回くらいの頻度で、
ピィピィと鳴く声がするので、
そのたびに窓から覗いたら、
何と、強風と雨のコンボの状態の中、木に留まって鳴いてる!
その上、思った通りのスズメサイズの鳥だったけど、
全身黄緑色っぽい感じの、今までに見た事がない小鳥でビックリ!

二匹留まっていて、そのうち一匹がもう一匹に一生懸命鳴いて
餌をねだっているように見えたけど、
もう巣立ちをむかえた雛鳥なのかな?
それにしては、飛び去る時、かなり上手に飛べてたけど…。
大きさや色合いも二匹とも同じような感じだし、
親子なのかよくわからないです。

どうやら彼ら?は、ピィピィ鳴いている時だけ、
わざわざ木にまで飛んできて、用が済んだらどこかに飛び去っているようでした。
明日も来るようなら、写真撮ってみようかな。
結構綺麗な鳥で、可愛らしかったです。

それでは、本日のお題へ。

当ブログによく来て下さっている方、
にほんブログ村ランキングからおいでの方、
気がついているかもしれませんが、
最近、私のプロフィールに、滝の写真を載っけてみました。

この滝の写真、私が住む箕面市の名所、「箕面の滝」です。
箕面国定公園内にある滝で、紅葉が有名です。
でも、大阪府民、もしくは関西圏に住む人には、
きっと「紅葉」より「猿」で有名でしょう。
そう、この箕面国定公園内には野生の猿が生息していまして、
日光の猿のように、滝を見に来るお客さん目当てに猿が寄ってきます。

私も昔はよく見かけましたけど、
最近は、猿への餌付け禁止、公園を管理する人が山に追い返す
(昔、一度だけ、空砲?で猿を山に追い返しているのを見た事があります)
などを行っているせいか、あまり降りてこなくなっているようです。

プロフィールの写真は私自身が滝まで行って撮ってきたものですが、
この時も、猿が出没しやすいポイントに猿はいませんでした。
猿嫌いの私ですが、猿が出ないとなんか寂しい…。


写真を撮ったのは、二週間くらい前でしょうか。
たまたま箕面駅付近に用事があって出かけたのですが、
帰りのバスまで時間があったので、滝まで行ってみました。
(っていうか、元々、時間が空くのがわかっていたので、
デジカメ持参で滝まで行く予定はしていた)

滝がある所は本当に、木々に囲まれた静かな山の中なんですが、
この滝まで、そこそこ?街中にある感じの阪急電車「箕面駅」の裏から
歩いて30分~40分程度で行けるんですよ。
なんか、駅前の都会っぷりと、滝周辺の自然一杯の感じのギャップが、
いつ行っても不思議な感じです。

写真を撮った日は、久しぶりの良い天気で、
平日でしたが意外と歩いている人がいました。
ジョギングする人は若い男の人が多かったかな。
ウォーキングは年配のご夫婦が多かった感じ。
あとは、近所の人が犬の散歩、
若い人がカップル?で歩いていたり、
まぁ、老若男女、ぽちぽち歩いていました。

箕面駅を出発してすぐの道は、綺麗に舗装された道と、
土産物屋や飲食店が並んでいるのですが、
この時は土産物の大半が閉まっていて寂しい限り…。
紅葉の観光シーズンなら、平日でも開いているんでしょうが、
それ以外の平日は、地元民くらいしか来ないでしょうからね。
箕面市民としては、もっと賑わって欲しいのだけど。
ちょっと寂しく思いながら、土産物屋ゾーン?を通過します。

ちなみに、この土産物屋さんの多くは、
箕面が誇る名菓?「もみじ天ぷら」を売ってます。
この天ぷらにされているもみじは、
きちんと食用に育てたもみじを使用してるらしいですよ。
また「天ぷら」と聞いて、「もみじ天ぷら」を見たことのない人は、
天ぷら屋さんで出るような「大葉の天ぷら」みたいな物体を想像するのではないでしょうか。
でも、「もみじ天ぷら」はそんな物体じゃございません(笑)
この天ぷらはお茶菓子なんで、甘いですし、衣もカリッとして分厚いです。
(衣の材料は、小麦粉、砂糖、胡麻だけという、いたってシンプルなもの)
「もみじ入り&もみじの形をしたかりんとう」のような感じです。

店頭で揚げているのはその場で量り売りしているそうですから、
滝まで歩きながらかじるのもいいかもしれません。
お店の人によると、揚げたてをその場でかじるのはいいけど、
それをお土産にするのは向かないんだとか。
お土産用には、お土産用に事前に袋詰めされている物を
購入した方が良いそうです。

なぜなら、揚げたての物は、油の切りが不十分なので、
その場で食べるならまだしも、時間が経つうちに油でベトベトになり、
味もくどくなるらしいです。
「揚げたてが一番!」と思うかもしれませんが、
お土産で持って帰るなら、既に袋詰めされたお土産用を購入した方が良さそうです。

店頭で揚げている店は何軒かあるのですが、
店毎に味がちょっと違うらしいので、食べ比べてみるのも良いかも。
観光の際には是非どうぞ…。

と、ちょっと箕面アピールしたところで(笑)、
「箕面の滝への道」、続きです。

土産物エリアを抜けると、周りは木々ばかりになってきます。
滝への道は、滝から流れる川に沿って造られているので、
川のせせらぎが涼やかで良い感じです。
歩くがしんどくなってきたら、川を覗きながら休むのも良いですよ。

歩いていると、途中で休憩所や、カフェ
(山本珈琲館、橋本亭、ゆずりは、が有名かも)
瀧安寺、野口英世像、唐人戻岩っていう大きな岩
とか、色々楽しめる所があります。

途中のカフェはどこも景色が素晴らしいですし、
建物が純和風の趣のある店もあって、オススメです。
また、駅から少し歩いた所にある「昆虫館」と
「箕面温泉スパーガーデン」も楽しめるかと思います。

「箕面温泉スパーガーデン」は、名前の通り温泉施設です。
箕面市周辺、意外と天然温泉が掘ったら出るみたいです。
(うちの近所にもここ数年、温泉施設が何軒かできました)
行った事がないので、どういう感じかは書けないのですが、
「ドクターフィッシュ」っていうお肌の角質を
小さなお魚さんに食べてもらうっていうやつが体験できるみたいです。
他に、マッサージとか、大衆演劇をみれるとか、色々あるらしい。

昆虫館は、地元の小学生は遠足で行くみたいですね。
最近は昆虫ブームですから、お子さん連れの方には良いかも。
私はここも行った事がないのですが、
館内に蝶を放しているエリアがあると聞いて、
一度は行ってみたいと以前からずっと思ってますが、
なかなか行く機会がない…。
今回も、バスの時間の関係もあって、パス。
確か、料金が大人料金でさえも300円程度で安いんですよね。
子供は無料だったような気が?
そう言えば、時々、ここの昆虫館に勤めている人が、
「探偵ナイトスクープ」に出たりしてます。
大阪府の施設らしいので、料金安いけど、しっかりしているのかも。

まぁ、そんな感じで、珈琲の誘惑に誘われそうになったり、
山道にぽつんと建っているお店のおばちゃんに試食を勧められたり、
運動不足&坂道続きでへばり気味なのを、川の眺めでいやしたり、
途中の休憩所のおでんの匂いや、ゆで卵をわんさか買っていくおっちゃんに和みつつ、
行きは45分程度で、滝に到着。
滝を目指してひたすら歩けば、もっと早く行けるはずです。
私は途中、川をぼーっと眺めたり、うろうろしてましたんで、
ちょっと時間がかかってます。

滝の前には、ベンチが6列くらい並べてあるんですが、
何故か、この日はベンチが満席orz
天気が良かったせいかな?
ちなみに、この滝周辺もよく猿がうろついているのですが
(一番、人間が多くいるエリアですしね)
今日は全くいませんでした。
やっぱり、ちょっと寂しい気分。

ベンチに座れないので、滝の傍にかかっている橋の欄干にもたれて一休み。
そして、デジカメで写真を撮ろうとしたら、
私以外に、写真を撮っているおっちゃんが幾人かいました。
私と違って、プロ仕様?(三脚&一眼レフカメラ)でしたが。

私が撮った写真です↓
ブログには一部を滝部分を切り取って縮小してます。

箕面の滝2   箕面の滝1


滝の周辺の土産物&食べ物屋さんは、さすがに平日とはいえ、営業してました。
ソフトクリームが美味しそうだったな。
しばらく滝を眺め、写真も撮ると、さっさと駅に向かって帰ります。
バスの時間がありますので。

帰りは行きと違ってすいすい進む。
滝までは緩やかな上り坂が多いので、
帰りは必然的に、下り坂が多くなり、歩くのが楽です。
なんと、帰りは30分ほどで駅に到着!
寄り道ならぬ、寄り見をせずに、さっさか歩いたので早く着いたようです。
そう言えば、帰りではお遍路さんの格好をした集団が、
私が歩いている道の川向こうの道
(メインの道では無さそうで、少々細く険しそうな道)
を鈴を鳴らしながら歩いてました。
突然、鈴の音が聞こえて驚いてしまいました。
知っている限り、滝周辺に札所はないけど、
瀧安寺に行ったのかな?
このお寺、役小角ゆかりのお寺で、修験道の根本道場なんですよ。
私が行った時は、大護摩法要が行われる前だったのか、
何かの組立をやってましたが。

こんな感じで、箕面の滝へ行って参りました。
五月の連休にいかがですか?

私は駅から歩きましたが、もちろん、車でも行けます。
滝まで少し歩くけど、そばに大きな駐車場があります。
駐車場が滝周辺にありますので、昆虫館に行かれる方は
滝からさらに歩く事になると思います。
連休は天気がよさそうですから、散策にもってこいですよ。
駅から滝までは3kmほどです。
箕面にお寄りの際は、是非、どうぞ(笑)

読んでくれて有難う!
応援クリック、お願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
00:36  |  箕面  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/65-d36082d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。