2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.24 (Fri)

私がスピリチュアルに関わるきっかけ

とうとう、皆既日食やってきましたね!
皆さんは見られましたか?
私の住んでいる場所は、生憎と天気が悪く見ることはできませんでした。
何となく暗くなったような…気がしただけです。
テレビで見ましたが、皆既日食となると本当に辺りが真っ暗なんですね。
昼間に星が見れる(それも冬の星座)のが、神秘的で素晴らしい。
生きている間に一度、生で見てみたいです。

さて、今日は、私がスピリチュアルに足を踏み入れる
きっかけとなった出来事を書こうと思います。
これは今でも自分では不思議だなと思える出来事です。

私がスピリチュアルに本格的に足を踏み入れ、
さらにはヒプノセラピストにまでなったのは、
ある本のお陰でした。

当時(今から2年程前)、私は仕事の事で色々と悩んでいました。
仕事中はともかく、仕事を終えて自宅に帰ると、
毎日毎日、色々と思い悩んでいました。

ある日の休日、私用で梅田に行った際、紀伊國屋書店に立ち寄りました。
梅田にある紀伊國屋書店は大阪でも有数の書籍取扱量を誇り、
精神世界関係専用の書棚があります。

私は小さい頃から不思議な話の類が好きなので、
この日も精神世界コーナーに立ち寄ってみました。
最新本や人気の本が平積みされて山になっています。
ちょっと気になった本があれば、手にとってパラパラ飛ばし読みをしていたのですが、
その中にこの本がありました。

ドリーン・バーチュー著 「エンジェル・ヒーリング」


見ての通り、表紙(裏表紙も)全面オレンジ色で目に付く本です。
平積みの本達の中でも、かなり目立ってはいたのですが、
実は最初は興味がありませんでした。
なぜなら、天使に興味がないからv

天使が好きか嫌いかと問われれば、好きなのですが、
積極的に天使の本を読んだり、天使グッズに心惹かれる事もありませんでした。
その上、私はキリスト教的なものに昔から意味のわからない拒否感が少しあるので、
好きなんだけど、近寄りたくないような奇妙な気持ちを持っていました。

しかし、この時は何故か手が伸びてしまいました。
そして、パラパラと流し読み。
何に心惹かれたのか、気が付けばレジで財布を出していました。

自宅に帰って、早速読んでみると、思ったより読みやすく、面白い。
一度さっと読み流した後、もう一度今度はじっくり読むことに。
そして、二度目に読んでいた時に、その出来事が起こったのです。
今では本の何処の部分だったかはわからないのですが、
ある部分を読んだ時に突然、
「自分はヒーリングを仕事にすべきだ。ヒーラーは私の天職だ」
と、胸にすごい衝撃を受けながら感じたのです。
まさに、天啓と言える出来事でした。

とにかく、すごい衝撃でした。
何だか、胸に熱いモノがあって、叫び出したくなるような。
この衝撃は今でも覚えているのですが、言葉にするのは難しいです。

きっと、スピリチュアルに興味がない人には
「頭がおかしい」とか「妄想だ」なんて思われそうな出来事ですが、
私自身も「私はヒーラーになる」と感じる一方で、
「これは仕事の悩みからくる妄想では」
という考えがありました。

その為、一ヶ月ぐらいは「ヒーラーになる」と思いつつも、
特にヒーリングに関することは考えませんでした。
とても衝撃的な出来事であったけど、
時間が経てば、「ヒーラーになりたい」なんて思わなくなるだろう。
一時的な気の迷いかもという考えがあったからです。

しかし、一ヶ月が過ぎても「ヒーラーになる」という熱意は全く変わらず…。
とうとう、意を決してヒーリングを学ぶ決意をしたのです。

今、再びこの本を手にとって読み返しても、
自分がどこでそれ程のインスピレーションを受けたのか、
実はわかりません(笑)。
(ページの中程だったような気がするだけ)

でも、この本に出会わなければ、
色んなスピリチュアル系セミナーに参加することもなかっただろうし、
ヒプノセラピーを受けたり、習うこともなかったと思うと
感慨深いものがあります。
それに、そもそもエンジェル関係の本など買う気無しだった私が、
この本を買ったのも、今でも非常に不思議です。

ヒーリングを習う事を決意した私は、その後、
ちょくちょく不思議なことに出会うのですが、
この事は、また小分けにして書こうと思います。
スポンサーサイト
21:31  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/6-6a0a6588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。