2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.18 (Sun)

じぃじ、続き

お待たせしました!
昨日の記事の続きです。

ハイヤーセルフのじぃじの指示ですが、
いつもでもどこでも、頻繁に来るわけではないですよ。
どちらかというと、私が「じぃじからメッセージくるかな?」と
気になった時に、メッセージをくれる感じです。

そうそう、姿形は、何故だかわかりませんが、
ものすごく小柄で、もしかしたら小人かも?
同じ人間と仮定しても、女性の平均身長の私よりも小さい感じがします。

長くて白い顎ひげが生えているみたいです。
髪の毛も白くて、三角?の帽子をかぶっています。
服は、渋い色合いの和風です。
裾を絞ったズボンみたいなを履いていて、
甚平の上衣みたいなのを来て、
その上から袖無しの羽織を羽織ってます。
そして、白足袋に、草履。
後ろに手を組んで、ニコニコしています。
何となくアニメの日本昔話に出てきそうな格好です。

ちなみに、これはあくまでも、メッセージから読み取ったイメージです。
もしかしたら、まったく別のスタイルだったりして…。

声の感じから例えれば誰かな?と考えていて、
「ハリー・ポッターシリーズの、ダンブルドア先生?」
と思っていたら、
「儂はそれほど体格はよくないのう…」
と言われてしまった(笑)
あの顎ひげと帽子の感じはイメージにピッタリだったんだけどなぁ。

じぃじの言うことは小言+教訓のような感じです。
今日もちょっとアドバイスが。

「ほれ、そのように慎重すぎるのがいかんのじゃて。
そなたの慎重さは美点であるがの、過ぎた慎重さはよろしくないぞ」

「慎重であることは悪いことではないのじゃぞ。
人にはそれぞれに、合うタイミングやリズムというものがあっての、
即行動も善し、じっくり考えるのも善しなのじゃ」

「じゃがの、そのリズムの波に乗りおくれると大変なのじゃ。
もちろん、その波に乗るかどうかは主の判断次第じゃ。
乗り遅れても、次の波に乗っていけばよいこともあるのう」

「じゃが、今のお主は、次の波を待つ余裕などないはずじゃ。
それに、その慎重さは恐れにつながっておる。
恐れは良くないのう。
恐れは余計なモノまで呼び込むんじゃ…。
また、恐れはエゴを生み出す。
そしてエゴはまた恐れを生む。悪循環じゃの…」

「いつ行動に移すかはそなた次第じゃ。
そなたがどの選択をしようとも、儂らは応援しておるからの。
不安は捨ててしまいなされ。
『れっつ、とらい!』じゃ!」

その日本語風英語、ちょっと可愛いです。
そして、…ハイヤーさんの言う通りでございますorz

ちょっと、個人的にちょっと迷うことがありまして、
「さっさと決めなされ」と後押しして下さっているようです…。
恐れを手放せるよう、頑張ります。


でも、ハイヤーセルフってどういう存在なんでしょうかね?
日本語訳だと、高次の自己ってことでしょうか。
ハイヤーセルフは、自分のことを一番理解している存在らしいのですが、
では、その存在はどこからきているのか?
と考えると、なかなか難しいです。
いろいろ書物を読みましたが、
個人的に「これだ!」と思うのは、
ハイヤーセルフは、自身の前世であり、未来世の自分だ
と言うことです。
現在の三次元の世界ではわかりにくいですが、
高次元の世界では、時間は直線状ではなく、平面状なのだそうで、
前世だろうが来世だろうが、自身(の一部でも?)が高次元に達していれば、
その「高次元の自己」が、時間を超えてアクセスしてくれる?
という感じに捉えています。

でも、この理論からいくと、ちょっと不思議なのは、
私のお兄ちゃんハイヤーさん、前世で関わっていた可能性があることなんですよね…。
以前受けた前世療法で思い出したのですが、
このハイヤーさんらしき青年と前世で一緒に暮らしていたことがあるようです。

確か、この時の前世は、19世紀くらいの米国で、
いわゆる西部開拓時代?の農場主の娘でした。
家族が少ないと言うか、男手が少なかったので、
前世での父親は数人のカウボーイを雇っていたのですが
ハイヤーさんはそのカウボーイの一人でした。
住み込みで働いていたらしく、忙しい父親のかわりに、
幼い自分を実の妹のように可愛がってくれました。

一時期しか農場では働いていなかったようで、
私が大きくなった頃には見かけなかったのですが、
幼い頃の自分にとっては大切なお兄ちゃんでした。
そして、このお兄ちゃんが、どう見てもハイヤーさんとイメージが重なるのです。
髪の色や目の色なんかは、カウボーイ時代とハイヤーさんとは異なるのですが、
顔立ちが非常に似通っていて、性格もよく似ています。

結構ハンサムなのですが、顔立ちが整っているから
というよりも性格の良さが全面にでたハンサムさんです。
こんな事を書いていると、すっごく照れているようですが(笑)

すごく縁の深い人なのでしょうか?
正体について尋ねても、お兄さんもお爺さんも答えてくれないので、
そこら辺は謎のままです。

そう言えば、じぃじの言うことが天使に似ている気がして、
じぃじに「実は天使なんじゃ?」と聞いてみましたが、
「ほっ、ほっ、ほっ」
と笑うだけで答えてくれませんでした。
…なんだか怪しいなぁ、じぃじ(笑)


記事を読んでくれて有難う!
じぃじにも有難う!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

精神世界ランキング

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
16:37  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/43-0ddbc0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。