2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.10 (Sat)

菜食と肉食

久しぶりに日本を横断した台風18号、すごかったですね。
皆さんのお住まいの場所は大丈夫でしたか?

私が住んでいる大阪は、凄い暴風でした。
雨よりも風が酷かったです。
雨戸を全て閉めて寝たのですが、雨戸のガタガタいう音にろくに眠れなかったわ…。
でも、庭に置いている風で飛びそうな物は、ほとんど避難させたので、
特に被害はありませんでした。
しかし、自宅前の街路樹の葉が、
結構、車庫や玄関前に吹き込んでいて、車も砂埃がすごい…。
ワイパーに大きな葉っぱがうまいこと挟まっていたのは、ちょっと不思議。

うちのドラゴンさんは、台風が来ている間、
なんだかソワソワと落ち着かない様子でした。
室内をうろうろ、飛び回っているような感じ。
いつもとは違う状況に、興奮していたのかもしれません。
もしかしたら、台風と一緒に、龍神様でも飛んでたかも?

さて、今日は前回の、記事でパンの事を書いたので、
食べ物繋がりで、今日は菜食と肉食のことを書いてみたいと思います。

スピリチュアルの世界に関わるようになって、
ヒーリングを学んだりするうちに、
私が何となく気になったのが
「肉食はしないほうがいいのだろうか?」
ということです。

今まで何度も私のブログに登場したドリーン・バーチュー女史の本では、
ヒーリングや霊能力などのスピリチュアル的な力をパワーアップするには、
肉食はしない方がよい、と書いてあります。
(ちなみに、「肉食はできれば避けた方が良いですよ」、
というニュアンスで書いてあるだけで、
「肉食をしてはいけない」、と強制的なことを書いているわけではないです)
なんでも、殺された時に感じた痛みや恐怖などのエネルギーも
肉を口にした時、体内に取り入れることになるから、だとか。

エネルギーうんぬんは正直、ホントかなぁ?って感じますが、
肉が身体に良いかどうかを考えると、
何となくあまり良くない、というか
程々の量でとどめておくべきな気がします。

特に、スピリチュアルな仕事をするなら、
精進潔斎という意味合いでも肉食はしない方がよいのかも
と考えてしまいます。

でも、私は肉大好きです(笑)
ドリーン・バーチュー女史の本を読んだ時、
正直、肉食を辞めるのは無理、と思いました。
(ドリーン・バーチュー女史は昔はお肉も食べていたそうですが、
現在は完全菜食主義者らしいです。乳製品もとらないそうです)

彼女の本では、無理に肉食を辞めなくてもよい。
その時の自分の身体に合わせて、肉を食べたければ食べたらよいし、
もし、肉食を辞めるなら、自然と辞められる
というようなことも書いてありました。

これを読んだ時にも、正直、
「本当に自然と無理なく辞められるの?」
と思いました。
ドリーン・バーチュー女史は自然に辞められたみたいだけど、
私はお肉大好き人間だし、自然となんてありえないな、
と思っていました。

そんな事を思っていた頃、
地産地消というものを知りました。
地元で採れたものを地元で消費するってことです。
また、旬の物を旬の時期に食べるのも、とても良いらしい。

つまり、「日本産の野菜・果物を、旬の時期に食べる」
ということは、身体にもスピリチュアル的にも良い
ということです。
スピリチュアル的に食事をとらえると、
野菜や果物を食べることは、
育った土地のエネルギーを体内に取り入れることらしい。
日本人なら、日本のエネルギーが一番合うらしいです。

まぁ、スピリチュアル的なとらえ方はさておき、
旬の野菜や果物を食べるのは栄養学的にも良い
(旬の時期が一番栄養価が高いのです)
と聞いて、菜食は身体に本当に良いのだなの感心しました。
しかし、菜食オンリーなんて無理だよと思っていました。

でもね、どうもハイヤーセルフだかなんだかわかりませんが、
上の方にいる目に見えない方々?が
肉食辞めろとは言わないものの、
菜食オススメ!と言っている感じなのです。

それでも肉をがっちり食っていたのですが…。

実は、私、健康診断で必ず医者から「痩せなさい」
といわれるほど、超メタボな体型。
色々ダイエットしてみたのですが、
痩せてもリバウンドしてしまい、さらに太ってしまう有様。
一時期、ジムにも通っていましたが、
運動嫌いなので、長続きせず…。
自分に合うダイエット方法はないかな?
と思っていたのですが、
そんな私の目についたのが「マクロビダイエット」

正直、上の人の陰謀かと思いました…。
この「マクロビダイエット」は、
「マクロビオティック」の食事をして痩せるというものです。
「マクロビオティック」は簡単に言えば「玄米菜食」のことです。
白米を玄米に換えるだけででも良いのですが、
厳密にやると、
・動物性の物(肉類、卵、乳製品)は一切摂らない(煮干しや鰹節の出汁も駄目)、
・砂糖は駄目(代わりにメープルシロップや甜菜糖を使う)
・塩はにがりを含む天然塩
・地産地消、有機野菜を食べる
・野菜は基本皮ごと
等々、色々あって、
さらに極めると、陰陽説に基づいて、
この野菜は身体を温めるから~
この野菜は身体を冷やすから~
と野菜の組み合わせにも色々気を使うらしいです。

私は長く自炊しているので、それなりに料理をしますが、
料理好きではないので、料理本の類はあまり買いません。
太い料理(和洋中華、汁物、ご飯物も載っている)の本2、3冊持っているくらい。
そんな私が、マクロビの本をいつのまにやら3冊も所有…orz
何故か、うまいこと本屋の目立つところに置いてあったので
ついつい手にとってしまい、買ってしまいました…。

けれども、やっぱり、菜食オンリーは厭だ!
肉、食べたい!
と思うので、玄米食だけ時々やっていました。

そして、ダイエットを目的に、色々と食事を減らしたりとやっているうちに、
いつの間にやら、あまり肉を食べなくなりました。
特に、肉の量が減ってきたのは、ここ3,4ヶ月の間です。

肉を食べたいという気持ちが減ってきたことと、
あまり肉を食べ過ぎると、お腹の調子が悪くなるみたいです。
今でもお肉は大好きですし、焼肉に誘われたら喜んで行きますが、
昔ほどがつがつとは食べられないかも。

ふと、ここでドリーン・バーチュー女史の本を思い出しました。
自然と肉食を辞めるというのは可能かも、ということです。
自分の身体のために肉食を辞めるべきなら、
自然と身体が肉食を必要としなくなるのかもしれません。

私は、まだ菜食主義にはなりませんが、
そのうち、菜食オンリーになるかもしれません。
何だか、不思議ですね。
あんなに、肉大好きだったのに…。

スピリチュアルの仕事をするには菜食主義であるべきか?
私は、別に肉を食べても良いと思います。
あの江原さんだって、ガッツリ肉食べてますし。
もしかしたら菜食の方が良いのかもしれないけれど、
無理に菜食にする必要はないと思っています。

気になるダイエットの方ですが、
ものすごくゆっくりと体重は減ってます。
三歩進んで二歩下がる感じで…。
その為、誰にも痩せてきているのに気がつかれないです。
まぁ、元の体重がヘビー級なので、仕方がないのですが(笑)

記事を読んでくれて有難う!
応援クリック、よろしくお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

精神世界ランキング

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
07:47  |  食事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/37-38ddb6ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。