2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.05 (Wed)

「アセンション」にモニョる その1:アセンションとは?

今日も暑い一日でしたね。
昨日の草むしり、見事に身体にきました…。
中腰が多かったので腰痛かとおもいきや、太ももの筋肉痛です。
心配した腰はなんともない…。
普段の運動不足が、遺憾なく発揮されております!
太もも以外にも、上腕と背中も少し痛い(T_T)

今日も張り切って?草むしりの予定が、
どうにも身動きするたび、全身がぎしぎしいうので、
予定を変えて、別の事をしていました。
現在はかなりマシになってきたので、
明日にはまた、草むしりできそうですv

では、本日のお題を。

「アセンション」
皆さん、御存知ですか?
スピリチュアルに興味のある方は、一度は耳にした事があるかと思います。
英語の綴りで「ascension」、上昇、昇天を意味する単語ですが、
スピリチュアル的な意味では、肉体の次元的上昇を指す事が多いようですね。

アセンションが起こるのは、2012年12月23日頃だという説をよく聞きますが、
これは、マヤ歴(メキシコ南東部 マヤ地域に栄えた文明が使用していたカレンダーの事)
が上記の日時で途切れている事から、言われているようです。

この2012年の事は、映画にもなっているので、
(その出来事が正しいかどうかはさておき)、御存知の方も多いのではないでしょうか。

さて、私がここ数年、熱心にスピ系書物を読むようになったきっかけの一つが、
この「アセンション」でして、様々な書物やサイトを見てみましたが、
どうにもはっきりした定義がないようです。
人によって解釈は様々で、「アセンション」で起こるとされる出来事も様々です。

映画にもなったように、「天変地異が起こる」「人類が滅亡する」
「限られた(選ばれた?)少数しか生き残れない」なんて過激なものから、
「人類の意識の大きな変化が起きるだけで、沢山人が亡くなるような事はない」
「多少常識が変わるだけで、普段通りの生活が続く」
など、本当に様々です。

今のところ、私がよく聞くのは、
「一部の覚醒した(精神的に成長した)人間だけが、
現在の3次元から4.5次元?に移動する」
って話です。

私個人の意見としては、この「アセンション」、
もしあるとするならば、生き死にが関係するような
劇的な変化はないと思っています。

個人的な推測で、起こるであろう出来事を述べさせていただくのなら、
1,歴史的な大発明、大発見があり、その影響で世界の常識がひっくり返る
2,貨幣経済が崩壊し、別のシステムに移行する
3,精神的、スピリチュアル的な面からの物事の見方が広まる
上記三つくらいでしょうか。
大洪水とか大地震で、人類壊滅なんてとんでもないです。

1は特に現実に有り得るんじゃないかと思っています。

近年のすさまじい勢いの科学の発達からみても、
本当に有り得るんじゃないでしょうか。
身近な例で言えば、電話なんてどうでしょう。

私の幼少時は、ダイヤルでジーコジーコやっていたのに
(若い人には?でしょうが、私が子供の頃は、
親に「ダイヤルは0の所までしっかり回しなさい」と
よく言われてたものでした…)
プッシュボタンになり、FAXが付き、子機ができて、
今では手の平サイズの電話を持ち歩く時代に。
たった、20年ほどのあいだにです。
すごい進化ですよね。

ですから、例えば、フリーエネルギーの開発。
そんな話もあり得るんじゃないかと思えるのです。

電気が磁力などの永久的に保つ力で、効率よく発電できれば、
そして、それが発電所からではなく、
個人単位で発電し、まかなえるようになれば、
常識っていうか、生活の仕方が大きく変わるかと思います。
これは、2にも影響すると思われます。

電気が無料でまかなえれば、日常生活だけでなく、
いろんな生産場面でもコストが大きく減るわけで、
経済専門家ではないので、詳しく語れませんが、
「現在、生活が苦しい方も、楽にすごせるようになるんじゃ」
と楽観的に考えています。

他に、1の例えとしては、
「異次元の存在を物理学で立証する」とか、
「地球外生命体との接触」とか?
とにかく、今までの常識外の、
しかし、自分達に一方的に害が被らない物事が
起こるのではないかと思っています。

2は1の影響で起こるんじゃないかという事。

3はまぁ、半分希望も込めて。
しかし、徐々にスピリチュアルに興味のある人が増えていますから、
あり得ない話ではないですよね。
もしかしたら、レイキなどのヒーリングが認知されて、一般的になるかも?

こんな感じで、私は2012年に起こるとされる「アセンション」は、
起こればそれは超ビックリする出来事なのだけれども、
現在から予想可能の範囲に収まる出来事ではないかと思っています。


「次元が上昇して、精神的に成長した人だけ、4.5次元世界に行ける」
って話ですが、正直、興味がありますし、
「高次元世界に行ってみたい!」という気持ちはあります。
(起きるかどうか、わからない出来事ではありますが)

しかし、積極的に「行こう!行きたい!」
と思っているわけではなくて、
「どうせ、その時にならなくては、行けるかどうかわからない」
と思っているので、
「その新世界に行けても行けなくても、どっちでもいい」
って感じですかね…。

「その時の自分に合った世界に行くだけ」
と思うので、なんの心配もしてません。
根が楽天的なせいかもしれませんね(笑)

でもね、この「自分に合った世界で暮らす」という事、
結構、真理をついているんじゃないかと私は思うのです。

「アセンション」について述べているサイトさんで
ちょくちょく見かけるのは、
「アセンション後の世界がいかに素晴らしいか」
「高次元の世界は、愛と思いやりに満ちた世界なのだ」
とか、まぁ、そんな感じの文章です。

確かにそれは正しい事なんだと思います。
ですが、ちょっと一部「モニョる」ものがあるのです。

うん、確かに、精神的に成長して、高次元の世界に行ったら、
一緒に暮らす人間も、今までとは違い精神的に成熟した人ばかりですからね、
当然、その社会はとても愛に満ちた素晴らしいものになると思います。

ですが、本当に「素晴らしい」だけの世界なのでしょうか?
高次元の世界には、その世界なりの苦労や困難があるでしょうし、
また、「精神的に成長して、高次元世界に行けたから、楽ちんに暮らせる」
なんてのも、たぶん違うんです。
精神的に成長したなら、
その成長した分だけより多くの責任、役割を
担う事になると、私は思います。

私が「モニョって」いるのは、
煌びやかな言葉で「アセンション」の素晴らしさを語り、
多くの人に広めるのは、良い事なのだけれども、
その素晴らしさに比例するように、アセンション後の世界で
「重い責任や役割(もちろん、個人の能力範囲内で)を担う可能性がある」
って事まで書いてあるサイトさんが、あまりない事です。
まぁ、この意見、もしかしたら私だけの意見なのかもしれませんが…。

とにかく、いいとこ取り、甘いだけの話はないと思うのです。

そして、「アセンションできなきゃ、人間終わり」
「アセンションできない人は最低人間」
的な書き方をし、「高次元世界に行けない事を負け組」
のように書くサイトさんもたまにありますが、
これにもモニョるのですよ…。

確かに、精神的成長度合いでアセンションできるかどうか決まるなら、
アセンションができない人間は、精神的に未熟であるわけで、
言葉は悪いですが、「幼稚」で「愚かな」人間なのかもしれません。
しかし、彼らが高次元に行けないのは、彼らの選択の結果であり、
他人がどうこう言うものではありません。

そして、そういう彼らの選択を無視して、
強制的に精神的に成熟させようとするのはよろしくありません。

なぜなら、
「無理に高次元?の世界に行ったとしても、
合わない世界での暮らしは、本人にとって害にしかならない」
からです。

続く

長くなるので、ここで一旦、切らせて頂きます。
続きは明日以降に書きますね。
次回はアセンションで私がモニョっている事を
色々と書いていこうと思っています。


読んでくれて、有難う!
応援クリックも、お願いしますm(_ _)m



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
01:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●草むしり、お疲れ様でした!

私は楽しみにしている派です♪
ゲリー・ボーネルさんの本やスピリチュアル系のサイトでも何例か読みましたが、ときめいてしまいますね。
きっと「責任や役割を“苦”と捉らえない」イコール「精神的に長けたひと」だと思うんですよね。
心での受け取り方・考え方しだいで、現状をも桃源郷みたいにすることは可能だと思うのです。
でも様々な記事を読んだ中で、直感にキラキラと響いたものしか信じていません。
劇的な変化じゃなくても、今より心の豊かな時代が来ることは信じていますし、そう願います。
にじいろ♪さんがモニョられたのは、もしかしたら悪意的だったり真実じゃなかったりするものに対してかもしれませんね。
「なんかワクワクする」、「なんか違う気がする」っていう感覚は大切だと思います。
やす |  2010.05.05(水) 07:47 | URL |  【編集】

●はじめまして。

先日、2012年をDVDで観ましたが何だか考えさせれました。私は、きっと最期まで生に執着しそうですv-356
アセンション、どんな形にせよ、行き着くとこに行く!のでしょうね。突然のコメントで失礼しました<m(__)m>
ゆう |  2010.05.06(木) 17:37 | URL |  【編集】

●Re: 草むしり、お疲れ様でした!

やすさん、コメントありがとう!

やすさんも色々とアセンション関係の本を読んでいらっしゃるんですねv
私は、ゲリー・ボーネルさんの本は読んでないですが、エハン・デラヴィさんの本は読みましたよ。記事ではちょっと辛口風味?でしたが、私も「高次元に行けたら!」ってワクワクしてます(笑)。

やすさんが書いてくださっている事、よくわかります。実は、この後の記事で書こうとしていた事なんですよ。やすさんみたいに「物事はとらえ方次第で苦にでも楽にでもなる」って考えられる方は大丈夫だと思うのですが、どうも「アセンション」が広く知られるようになってから、高次元世界の「良さ」「楽さ」だけに目がいってしまって「現実逃避」の手段になってしまっている方が、多くなっている気がして、心配しているんです。「今」があってこその「アセンション」なんだよ!っていうんでしょうか…、なかなかうまく言い表せませんが。

やすさんのおっしゃるとおり、心豊かな時代が来ると本当に良いですね!私もそうなると信じてます。そう言う時代が来るからこそ、直感も大切なのかもしれませんね。「ワクワクする」って結構、すごいパワーですよ!その「ワクワク」に従ったら、今の私(リーディングしたり、ヒプノセラピーができる)ができあがったっていう実例がありますからねv
にじいろ♪ |  2010.05.07(金) 00:03 | URL |  【編集】

●Re: はじめまして。

ゆう様
初めまして!コメント、ありがとうございます。
2012年、実は私は観てないのですよ。沢山人が亡くなるようですね。一度観たいと思いつつ、そのままです。ゆうさんのコメント観て、やっぱり観なくてはと思ってしまいました。

アセンション、本当に、行き着くとこに行く!としか言いようがないんでしょうね。まず、あるかどうかも不確定ですしね…。コメント、全然失礼なんかじゃないですよ!少しでもいただけたら、本当に嬉しいです。どうもありがとう!
にじいろ♪ |  2010.05.07(金) 00:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/34-98d73ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。