2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.27 (Sat)

私がスピリチュアルを知ったきっかけ

このブログを見て下さっている方は、たぶんスピリチュアルに興味がある方が多いのではないかと思います。皆さんは、どういうきっかけでスピリチュアルを知ったのでしょうか。
私は、ある本がきっかけでした。

アメリカの大女優シャーリー・マクレーンが書いた本達です。
アウト・オン・ア・リム (角川文庫)
ゴーイング・ウイズィン―チャクラと瞑想
ダンシング・イン・ザ・ライト―永遠の私をさがして
 シャーリー・マクレーンが自身の体験したスピリチュアルな出来事を書いた本で、世界中で大ベストセラーとなった本です。上記以外にも何冊か書かれています。

 私が読んだのは10年以上前で、この本でスピリチュアル(って言うか、本を読んだ当時はニューエイジと言われてました)という世界を知りました。
 実は、内容はほとんど忘れてしまっているのですが、とにかくドラマチックで面白かった感じは心に残ってます。確か、マチュピチュとかチャネリング、ソウルメイトなどもこの本で知ったはずです。
 本が書かれたのは1980年代で、スピリチュアル系の本の先駆けと言ってよいと思います。書かれた当時にはほとんどない考え方ですから、ハリウッド大女優でありながらこのような本を書いた勇気には頭が下がります。でも、彼女が書いたからこそ、こんなに世界中で読まれる本になったのかもとも思います。

 私は、この本達を図書館で借りて読んで、どうしても手元に欲しくて何軒も本屋をハシゴしました。当時はスピリチュアルの本なんて本屋の棚の片隅にひっそりと置かれているようなもの。本屋に置いてあるだけでもラッキーでした。(今じゃ江原さんの本をはじめとして平積みされてますが)
 最終的には、ある大きな本屋に「アウト・オン・ア・リム」だけあって、それだけ手に入れました。現在は引っ越しの時に処分したので持っていないのですが、この記事を書いていたら読みたくなってしまいました(笑)。また図書館で借りてみようかな…。
 
 何となく記憶に残っている内容は、なぜか、寒い戸外で夜寝る時、裸で寝袋に入って寝ると意外に暖かかったという場面です。本当に暖かいのか?という疑問がすっと気にかかっていたせいだと思うのですが、スピリチュアルと全然関係ないじゃんと自分にツッコミをいれたくなります。

 内容は非常に読みやすいので、スピリチュアル初心者にもお勧めです。ちなみに、訳者の山川夫妻もスピリチュアル系の書籍の翻訳者として有名な方です。

スポンサーサイト
20:13  |  書籍  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/2-50c62df3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。