2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.29 (Sun)

ホメオパシーって?

グリムスキーワード: 電気自動車

涼しくなってきたなぁ~と思っていたら、今日は猛暑だった。orz
朝から寝汗でびっしょりです…。
(冷房は寝る時にタイマーをかけているので、朝は冷房無し)

庭のジャングル化雑草を今日こそはなんとかせねば!
と思っていたけど、日差しのきつさに諦めました…。
本当に草ボーボーなので、今のうちに何とかしたいんだけどな…、
元々掃除嫌いだし、草いじりも決して好きではないので、なかなかやる気がでないわぁ~。

今年は庭をほったらかしにしたせいで、花がわんさか咲き誇っているのですが、
(剪定していないので、恐ろしい程のボリュームです…)
そのせいで、蝶々祭り、開催中です。(^_^;)

以前からたまに蝶々がやっては来ていたのですが、
今年は、アゲハチョウ、クロアゲハ?、カバマダラ?(オレンジ色の小ぶりの蝶)
この三種がやったら来てます。
他にも小さいのがちらほらと。
今年は、サルスベリの花もよく咲いていますし、そのせいかも…。

クロアゲハ?は、サイズがめちゃくちゃでかいので、
側を飛んでるとびっくりしそうです。
庭をふ~わふ~わ飛んでいて、その勢いのままガラス戸に
ぶつかりそうになっていたのには、ちょっと笑いました。
「うぉ、こんな所にガラス窓が!」ってな感じで。

数日中には頑張って、庭の草木をさっぱりする予定(あくまでも予定だけど…)なので、
花が無くなったら、蝶も来ないだろうなぁ…ちと寂しいかも。
代わりに、鳥がわんさか来そうですが(笑)。
(雑草を処分した後に、今まで雑草に隠れていた虫が見つかりやすくなるので
スズメをメインに小鳥フィーバーが巻き起こります)

さて、では本日のお題へ。

ここ数日、ネットや新聞で急に「ホメオパシー」っていうのを
よく目にするようになりました。

実は、先週ヒーリングネタで記事を書いていた時、
ヒーリングはどういう作用で治癒をもたらすのか?
っていうことも、自分なりに考えていたのですが、
その時ふと「ホメオスタシス(恒常性)」っていうものを思い出していました。
「健康的なホメオスタシスへと回復させるのが、ヒーリングなのかな?」と。

「ホメオスタシス」というのは、日本語で言えば「恒常性」と言うのですが、
代表的な例が、体温調節でしょうか。
恒常という文字通りに、外的、内的環境変化に影響されず、
一定の状態を保つってやつです。
血圧や心拍などもそうですね。

「ヒーリングと恒常性の関係」は、また機会があれば記事にするとして、
最近よく聞く「ホメオパシー」っていうのは、
てっきり「ホメオスタシス」のお仲間だと思っていました。(^_^;)
ほら、なんだか、語感が似てるし…。
恒常性を利用した民間療法?なのかなと思っていました。

しかし、最近よく目にするので、調べてみましたら、全然関係なさそうですね。
どっちかといえば「水にありがとうと言うと、綺麗な結晶ができる」
というような事に近いような…?

私はホメオパシーに関しては見知ったばかりですので、
まだまだ知識が浅いかもしれませんが、
ネットで得られた情報から判断すると、
正直、胡散臭さは否定できないなぁ…と思います。

効果に関しては、あるのは間違いなさそうですけど、
プラシーボ効果、偽薬の範囲内ではないかな?というのが正直な感想です。

プラシーボにしては、効果が大きすぎやしないか?
そんな意見もあるかとは思います。
でも、このホメオパシー、効果云々に加えて、
ホメオパシー実践者の顔ぶれが凄いんですよね。

日本の有名な芸能人から、世界的な著名人まで
(英国女王や英国皇太子も実践者だとか?)
ずらずら~と、大物の名前が並んでおります。

また、イギリスをはじめとして、複数ヶ国でそれなりに普及しており、
一部の国では保険適用もされているらしいです。

そんな背景を聞かされると、何だか効くような気がしてきますよね。
そういう現実的でネームバリューの大きい背景も
効果に+αされていると思うんですよ。

つまり、私が自分に効果があったからと独自療法を始めても
大半の人は疑いながら、療法を受けるのでしょうけど(笑)、
「かのエリザベス女王も実践!イギリスでは保険適応されているんですよ!」
と言われれば、患者さんは安心し、きっと効果があると信じるわけです。
人の意識の力はすごいですから、信じれば信じるほど、それなりの効果があったりするわけです。

そういう信頼感の大きさが、効果がもたらしているのかな?
人の意識の力が、効果を引きだしているんじゃないかな?
と私は思うのですよ。

だから、ホメオパシー自体は悪い発想ではないですし、
そこそこの効果が期待できるものだとは思いますが、
あくまでも補助的、もしくは予防的な役割だと思います。

病気にならないように飲んでおく、とか
病状の悪化を防ぐ、とか
そんな感じですかね…。
個人的には、ホメオパシーに一定の効果はあるだろうが、
実際に病気になったら、現代医療と併用しないと危険だと思います。
ホメオパシーを信頼するのもいいのですけど、
この療法のみに頼るのは問題でしょう。

現代医療を試してみて、効果がなかったのでホメオパシー、とか
現代医療を受けつつも、ホメオパシー、とか
その程度の利用に留めるべきでしょう。

最後に非常に個人的意見ですが、
ホメオパシーはそれなりに効果がある療法だとは思いますが、
ヒーリング等の怪しげな(笑)療法と一緒に思われたくないのか?
「病を引き起こすものは、病を取り除くものになりうる」
との理論の元、
植物や鉱物を希釈しまくったもの
(「超微量の法則」と言うらしいです)
を効果があるとして、レメディとして患者さんに与えています。

希釈率からいって、元の材料の含有率は非常に低く、
まぁ、はっきり言って、レメディはほとんど水です。
でも、「超微量の法則」という理論で、
効果をもたらすであろう植物や鉱物がほとんど含まれていなくても
効果があると主張しております。

正直ね、これ、「バッチフラワーレメディ」みたいなもんじゃないの?
と思います。(「バッチフラワーレメディ」も希釈して使うし…)

「バッチフラワーレメディ」の場合は、はっきりと
「レメディは、花の波動を転写したものです」と言っています。
花の成分の作用もあるかもしれませんが、かなり希釈して使用してますし、
所謂、エネルギー的な作用のお陰で、効果があると言っているわけです。

上記のこと、本当かどうかはさておき、非常に「いさぎよい」と思います。
明らかに「波動が~」なんて怪しいわけですけど、
正直に公表しているのは、立派だと思います。

しかし、ホメオパシーの場合、
「(レメディに殆ど含まれない)鉱物等の作用だ」と言ってます。
私はホメオパシーの効果も「鉱物の波動~」からっていうのが
本当のところじゃないの?と思います。

皆さんが口にしている水(水道水もミネラルウォーターも)は、
水素と酸素だけで構成されているわけではありません。
マグネシウムなどの金属元素も必ず微量に含まれております。
そして、こういう微量に含まれる元素のかすかな差で、
軟水や硬水と呼ばれ、味の差異が現れるわけです。
そんな普段の水で、なんらかの治癒効果が生まれるか?
と言えば、まずないですよね。
もし、どこかの美味しい水でお肌が綺麗になったとしても、
それは、大量の水摂取によるデトックス、
などと考えるのが普通かと思います。

だから、含まれる鉱物のお陰っていうのは、あまり信じられません。
「波動~」って言ってもらう方が、まだ信じられる気がします。

しかし、ホメオパシーでは、「波動~」の効果もあるとしながらも、
最初から「波動~」と言うと怪しく信じがたいからなのか、
万人に受け入れやすい?ように、
「(非常に微量でも)現実的に含まれる鉱物の効果」をまず謳い、
「超微量の法則」などという、首を傾げたくなる超理論を展開しているように思えます。

私はホメオパシーのこういう「小狡さ」といいますか、
皆に信じてもらう為に?変に現実風味を持たせた感じが、
非常に胡散臭さを感じるんですよね~。
正直にはじめから
「うちは、波動~、エネルギー~、の効果を信じてる療法っす」
って主張してくれた方が、気分的にすっきりするわ。

それに、最近のホメオパシーの注目を原因の一つである
「新生児にビタミンKを与えず、ホメオパシーのレメディを与えて、
ビタミンK欠乏性出血症で死亡させた」
という事件。
この事件に対する反論を、某ホメオパシー団体がネット上に公表してましたが
「事件そのものが事実なのかどうか?」
「ビタミンKを新生児に与えるリスクはないのか?」
などという内容で、どうも反論が斜め上でした。(^_^;)

「事実なのか?」と問いかけてくるので、
じゃあ、「お宅の所で事実かどうかの確認をしたのか?」
と思いきや、それは全くないようですし、
ビタミンKの効用について疑問を呈するならば、
レメディの新生児へのリスクはどうなのか?
レメディを新生児に与えて、効果があったというデータはあるのか?と…。

ビタミンKの効用への疑問としてあげていたデータは
昭和60年~63年と非常に古いもので、
最新の少なくとも平成のデータはないの?と言いたくなるし…
で、自己保身の臭いがぷんぷんしすぎて、何だかなぁ。(´・ω・`)

自己保身が悪いとは言いませんけど、
「うちは絶対に悪くない!」っていう態度が見え隠れして、嫌な気持ちです。
何となくですけど、裏で金銭的思惑がからんでいるんだろうな感が漂ってます。
(スクール運営とかレメディ販売とか、まぁ、色々と…)

一応、フォローとして、上記のビタミンKの事件、
別の某ホメオパシー団体では、素直に
「レメディをビタミンK代わりに与えることは問題有りです。
現代医療を無視しての施術は、理念に反します」
というようなことを書いてました。

全てのホメオパシー団体がよろしくないわけでは無いと思いますよ。
そして、私は人間の意識の力、自己免疫力の力は凄いものがあると思うので、
ホメオパシーはあくまでも医療の補助的なものとして、
一定の効果はあるんじゃないかな?と思います。

読んでくれて、ありがとう!
応援クリック、よろしくお願いします、m(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
19:42  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●怪しい愛用者です(笑)。

1年くらい前から使ってますよ~。
最初は勿論(?)怪しんでましたが、今では効果を実感してるので“愛用”してます。
イギリスでは国家レベルで「プラシーボだ」と認めたらしく、それでも保険は適用されるとか。
つまり「勘違いだろうがなんだろうが結果が出るならいい」というスタンスなんでしょうね。
私もそんな気持ちで使ってます。摂っても「効果があるか無いか」なので。
医薬品だと「効果があるか、あっても副作用付きで、効果が無くても副作用は必須」ですから。
ホメオパシーは動物や赤ちゃんでも効果が確認されているらしいので、完全に「プラシーボだ」とも言えないようです。
推奨機関が怪しかろうと、製法や素材が怪しかろうと、無害で効果があるならそれで良しと、自分はそんな感じですね~。
ただビタミンKの赤ちゃんみたいに恐いこともあるかと思います。
ホメオパシーに限らず、包丁や火薬や自動車なども、使うひとしだいで凶器になりますものね。
ただ、日本ではホメオパシーが怪しい存在なのは実感してます。
家族にですら魔女呼ばわりされかねませんから(笑)。
だけど摂らせると良くなるんですよね~。父の二日酔いとか、叔父の蜂刺されとか。
一度試されても面白いかもしれませんよ (^v^)♪
長文で失礼しました m(_ _)m
やす |  2010.08.29(日) 20:44 | URL |  【編集】

●持っています^^

こんにちは。
私は、怒声を浴びせられたりで緊張すると、喉の奥がきゅっと詰まったようになって、息が苦しくなるんですが、そういうときにはよく効きますよ。

病院に行くと、多分、気管支拡張剤とか処方されるのだと思いますが、そこまで強烈な薬は要らないし、常用もしたくないので、ホメオパシーのお世話になっています。

ビタミン類はそれはそれで体に必要な物なので、ホメオパシーが代わりになるとは全く思いませんが…。
やはり、要は使い分けなのでしょうね。
に~ |  2010.08.30(月) 01:43 | URL |  【編集】

●Re: 怪しい愛用者です(笑)。

やすさん 

コメント、ありがとうございます!
ホメオパシー、使っていらっしゃるんですね。
私は、本当につい最近知ったばかりで、使ったこともないので、
使用感がわからないので、参考になります!

ホメオパシーは、副作用の心配がないのが良いですよね。
二日酔いとか、蜂刺されに効くとは、
どういうモノがどのように作用しているのか、
よくわかりませんけど、すごいもんです!

怪しい愛用者って(笑)、私なんか、怪しい施術者(笑)ですがな。
にじいろ♪ |  2010.08.30(月) 22:45 | URL |  【編集】

●Re: 持っています^^

に~様

今晩は。コメントありがとうございます!

ホメオパシーは、副作用が無く、程よい効き目が良い点なんでしょうね。
私はホメオパシー知り立てほやほやの初心者なので、
どういう風に使っているか知ることが出来て、勉強になります。

ホメオパシーに限らず、長所短所を活かして
に~さんがおっしゃるように、使い分けるのが肝要なんでしょうね…。
にじいろ♪ |  2010.08.30(月) 22:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/145-8254bbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。