2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.27 (Fri)

リーディング結果13 「謎の名前、エミリー」

グリムスキーワード: 京都議定書
前回のキーワードでは、猿の親子が出現しました!

猛暑続きの日々ですが、昨日くらいからちょっと涼しくなってきました。
昨夜も「冷房無しじゃ寝れないよ~(>_<)」という程暑くはなく…。
今日は室温32度といつものような暑さなのですが、
午前中は少し涼しい風が吹いていたせいか、若干すごしやすいです。
(扇風機は必須ですが…(^_^;))
今までやかましく庭の木で鳴いていたツクツクホウシやミンミンゼミも
今日は鳴いておらず、なんだか秋の気配を感じますね。(*^_^*)

さて、前回に続き、今日もハイヤーセルフ・リーディングの報告です。

今回の相談者はROSEさんです。



【ご相談内容】

にじいろ♪さん

初めまして☆こんばんは。

長年解読出来ない事がありまして
にじいろ♪さんに是非ハイヤーセルフリーディングをお願いしたいです。

幼稚園の時に買ってもらったブロンドヘアーのお人形につけた名前が『エミリー』と言います。
私がつけた名前ですが、なぜその名前をつけたのかも分かりません。
幼稚園時代から、かれこれ○十年...^^;経ちますが現在至るまで(続行中)
『エミリー』の文字やその名前の人に出逢ったりなどしています。
今はテレビやネットで頻繁に文字を目にするので気になって仕方ありません。

『エミリー』とは一体何なのでしょうか?

なにかヒントでも見つかるといいなと思っています。
宜しくお願い致します。




【リーディング結果】

まずは、ROSEさんのハイヤーセルフさんにお会いするまでの道のりを書いていきますね。

ROSEさんのハイヤーセルフさんを探して、
イメージ内の草原をさまよっていたのですが、
どうにも左手の山が気になって仕方がありません。
そこで、山の方へ向かって歩いていくと、
何故か断崖絶壁のような岩壁にぶち当たり、
その壁に黒い穴が開いているのが見えてきます。

どうやら、その黒い穴はトンネルのようで、中をのぞいてみますと、
綺麗に作られた岩製?のトンネルが、緩やかな上り坂で続いています。
この先にハイヤーセルフさんがいると確信し、階段を登っていきますと、
その先には扉ではなく、目映いばかりの白い光に満ちた穴がありました。

白い光を通って出た先は、芝が生い茂った緩やかな丘陵のてっぺんでした。
丘の向こうには真っ青で、日光を反射して輝く海が見えています。

丘を下り、海に近づいていくと、右手から手こぎボートのようなものがやって来ます。

船には結構年配のおじさんが一人乗っていて、船に乗るように勧めてきます。
どうやら、このおじさんはハイヤーセルフさんへと案内してくれるガイドさんのようです。

勧めに従って船に乗りますと、おじさんは海岸からもうっすらと見えていた小島へと船を進めます。
小島に目指すハイヤーセルフさんがいるようです。

小島に船が着くと、おじさんは降りていくように身振りで示すので、
船を下りて、島へと向かいます。

小島の印象は、南国のイメージです。
多くの緑が茂っていて、オウムがいる感じです。

ハイヤーセルフさんは予想通り、島の中の森の中にいました。

ROSEさんのハイヤーセルフさんは、
浅黒い肌に、腰まで長さのある癖のある黒髪の若い女性でした。
眉毛は黒く太く、くっきりはっきりとしたもので、
口は大きく、彫りが深い、南国系の大変な美女です。
背が高く、すらっとしていて、スタイル抜群!
けれども派手な性格ではなく、非常に穏やかな優しいおとなしめの感じの方です。
左耳の上あたりに赤い花(ハイビスカスのような感じ)をさしています。

衣装は原色系の色彩豊かで華やかなもの。
(植物をモチーフにした模様のようです)
右肩から布をかけて、身体に巻き付けている感じの、シンプルな衣装です。
イメージ的には、ハワイのフラダンスの衣装に似ていますが、
ハワイの方ではなさそうです。
イメージで思い浮かぶのはポリネシア。
透き通るような綺麗な海に囲まれた小島が点在する場所の住んでいた方です。
国と言うよりも、各島々に住む族長が寄り合って、そこら一帯を治めていたようです。


彼女は、自分の住む島を愛し、家族を愛し、自分を愛し、
同時に周りの人々からも愛された人でした。
優しい両親の元で生まれ、気だての良い青年と結婚し、子供に恵まれ、
最後は娘や息子、孫達に囲まれての大往生でした。

生活は取り立てて裕福ではありませんが、
そもそも島の生活は、お腹が空いたら海の魚を捕り、森の果物を取り、
あとはのんびり機織りなどして暮らす生活でお金は特に必要はありません。
のんびりゆったりとした、スローライフのようです。
精神的に非常に豊かな生活のようです。

もちろん、なにもかもが上手くいった人生ではなく、
時には困難や苦労もありましたが、
彼女にとっては、それはそれは幸福な一生でした。

どうやら、これはROSEさんの前世のようです。
イメージとしては、ROSEさんの一つ前か、二つ前の前世で、割と近代の方です。
はっきりとした時代はわかりませんが、100年~300年くらい前の方だと思います。


さて、ハイヤーセルフさんにお会いできたので、
「エミリー」について尋ねてみました。

すると、「エミリー」とは、この女性のことのようです。
改めて「エミリーですか?」と聞くと、大きく頷いています。

現地語の名前では無いようなので、もしかしたら洗礼名なのかもしれません。
もしくは、現地語の名前に一番近い発音が「エミリー」なのかも。

と言うわけで、エミリーさんに、長年ROSEさんが
「エミリー」が気になるそのわけを聞いてみました。
以下がエミリーさんからのメッセージです。

「貴女が幼稚園の頃に「エミリー」と名付けたのは、
幼いがゆえに、まだ意識の片隅に前世の記憶が残っていたからです。

貴女にとって、「エミリー」の人生は、とても幸福なものでした。
あまりにも幸福な人生だったので、その時代を懐かしんでいるのです。

もしかしたら、その幼稚園の頃のお人形は貴女にとってのお気に入り、
もしくはとても喜ばしい思い出のあるモノではありませんか?
「エミリー」とは貴女にとって、幸福の象徴のようなものなのです。

そして、「エミリー」という文字や人に出会い、非常に気になって仕方がない事。
これは、半分自己暗示のようなものです。
「エミリー」が気になって仕方がないという思いが、
余計に貴女に「エミリー」という文字を探させ、気付かせ、
それがまた「何度も目にするなぁ、気になるなぁ」という思いを貴女に抱かせます。
そうして、半分無意識に「エミリー」が気になるように、自分にし向けているのです。


私は決して、「エミリー」が気になる貴女のことを責めているわけでは
ありませんので、誤解なさらないで下さいね(笑)。
「エミリー」が気になるなら、是非、どんどん探してやって下さい(笑)。

さて、「エミリー」をこうして何度も探してしまう事。
一つは、過去の幸福な人生を懐かしんでいるせいだと思われますが、
また一つには、「エミリー」が非常に気になる時、
貴女は現状に何かしらの不満を抱えている可能性があります。

仕事、家庭、人間関係…様々な関係の中で、
時には他人には言えない不満や不安もあったかと思います。
そのような思いを抱えた時、「エミリー」が特に気になったりはしませんでしたか?

「エミリー」は貴女にとって、幸福の象徴です。
貴女が辛い時、その辛さを慰めてくれるものでもあるのです。

今後、貴女が「エミリー」が強く気になった時がありましたら、
少しご自分の身体の事を気遣ってあげるとよいかもしれません。
もしかしたら、ストレスや疲労がたまっているかもしれませんよ」



以上でエミリーさんのメッセージは終わりです。

前世のことなど、私が言うのもなんですが、確証がある話ではないので、
うなずける部分だけ、受け取って下さいね。
そして、もしROSEさんに心当たりのない話だったら、本当にすみません。
さくっと無視してしまって下さい。

リーディング結果が少しでもエミリーの謎を解く手がかりになれば幸いです。




【ご感想】

ROSEさんのリーディング結果は、以上のものとなりました。
後日、ROSEさんからお礼&感想メールを頂きまして、
許可を得て、誠に勝手ながら、私なりに内容を簡潔にまとめみました。。
ROSEさん、ありがとうございます。m(_ _)m

ROSEさんはリーディング内容に幾つか心当たりがあったようで、

・南国のイメージ→室内に南国雑貨や観葉植物あり
・腰までの黒髪→ROSEさんの現在にも影響
・南国系の美女→美女、大好きです!
・背が高くスラッとして~→現在は背が低いけど、何故か背が低くみられない
・衣装が原色系→昔は原色が好きだったけど、二年前から原色が嫌いに、今はナチュラル系

・ポリネシア→ポリネシアには女性は7~12歳頃、タトゥをいれる風習があるらしいのですが、ROSEさんは小学生の時、どうしてもタトゥをいれたかったのだそうです。ポリネシアのタトゥを入れる年頃が丁度小学生くらいでビックリ!

・エミリーは洗礼名?→昔教会の向かいのアパートに住んでいて、クリスチャンネームだけ(笑)欲しかったのだそうです


こんな感じで、幾つかうなずける部分があったようで、
「エミリー」が前世の名前だったとは、とても驚いたそうです。
また、恐怖系ではなかったので、一安心なさったそうです(笑)。

最後に、ROSEさんのメールから抜粋!

『現在はストレスもありますが幸せです。
ハイヤーセルフのイメージが解り
身近に感じられるようになりました。
今後「エミリー」をみかけたら
ハイヤーセルフを一層意識してみます。(笑

ありがとうございます^^☆』




【にじいろ♪の所見&感想】

ROSEさん、感想メールありがとうございました。
リーディング結果がROSEさんのお役に少しでも立てたようで良かったです。(*^_^*)

ROSEさんも私も、ポリネシアについての知識はほとんど無かったのですが、
ROSEさんが色々と調べてくださったところによりますと、
上記で頂いた感想内容以外に、

・ハイヤーセルフさんにお会いする途中で出てきた断崖絶壁
…そのような場所が現実に幾つかあるそうです

・ガイドのおじさんが乗っていた手こぎボート
…とはカヌーだそうです

と不思議と符合するところがあったそうです。
私は本当にポリネシアの知識は無いですから、ビックリですよ!

後日、ネットでポリネシアについて調べてみましたら、
ガイドのおじさんが乗っていた手こぎボート?
観光用の派手な奴や大きいものではなくて、
地元民が一人で漁をする時に使うような
じみーで、ちっこいサイズのやつに、とてもよく似てました。
あらま、あのおじさん、ポリネシア人だったのかしら?(笑)

また、耳の上に花をつけるのってポリネシア流のお洒落みたいです。
自分でリーディングしといてなんですが、ビックリです(笑)。

それから、リーディング結果に書いていなかったのですが、
このポリネシアの若い女性、見た感じは20代(25歳前後)くらいでした。
30歳にはいっていない感じ。
背の高い美人だけどモデル体型な細身ではなく、
大柄ではないけど、健康的な少しがっちりした体型です。
(特に肩ががっちりしている)
あんまり詳しく容姿を書いていなかったな、と思ったので追記です。

最近、リーディングで相談者の前世らしき?ものが視えるようになってきましたが、
全く自身の知識がない場所だと、判断が難しいところがありますね。
例えば、今回のリーディングでは地図のような?
「こういう所に住んでたんだよ~」とでも言うように
海の上に小島が点在する様子が視えたのですが、
すみません…ポリネシア地域の知識は皆無っす…。orz
ネット上の地図を見てみたけど、どの島までかはわからず…。
(小島の点在具合は、視えたイメージに似ていたけど)

ポリネシアに詳しかったら、「~島だ」とわかったのかな?
でも、半端に知識があると、「自身の妄想だ!」と考えそうだし…、
こういう時、リーディングの難しさを実感しますね。


読んでくれて、ありがとう!
応援クリック、よろしくお願い致します。m(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
18:00  |  リーディング結果報告  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/140-eed2af61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。