2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.06 (Fri)

何故、私はヒーリングするのか? その2 「レイキとは?」

前回の続きです。

ヒーリングってどんなモノがあるのか?

ネットで調べてみて「レイキ」というものがあると知ったのですが、
「レイキ」に焦点を合わせて調べてみますと、
どうやら結構知られたヒーリング法で、
施術する人も、手法を教えてくれる人も、結構な数がいる。
スピ系技術を教えてくれる所って、大体は東京なのですが、
レイキは割と全国に、大阪にもポツポツ、マスターして教えてくれる人がいるみたい。

それに、欧米系?高名ヒーラー伝授のヒーリングは、かなりの高額でしたが、
レイキは比較的リーズナブル?
安価とまでは言い難いかもしれませんが、
「これくらいだったら、何とかなるかも」と思えるくらいの値段設定。

「うむうむ、なかなかいい感じだけど、
実際のヒーリング手法ってどんな感じなんだろう?」

と言うわけで、もう少し詳しく調べてみますと、
レイキと言うのは、大きく分けて「西洋レイキ」と「直傳霊気」の2つに分かれるらしい。
元々レイキと言うのは、日本で1900年代初頭?に生まれたヒーリング方法で、
戦前からひっそりこっそり?広まっていて、民間療法として施術者もそれなりな数がいたらしい…。
ところが、世界大戦勃発、敗戦やらなにやらの混乱で、戦後レイキは廃れてしまう。

だが、レイキをマスターした日系アメリカ人により、
戦後、アメリカでもレイキが知られるように。
また、丁度良く、アメリカにスピ系ブーム(1970年代頃、ニューエイジ?)が到来。
瞬く間に「レイキ」がアメリカのスピ系に興味がある人達に広まります。

この時のレイキは、戦前日本で行われていたレイキを元にしつつ、
より扱いやすいように、シンボルやマントラという記号?や呪文?を追加。
この新しく馴染みやすいようにアレンジされたレイキは、
アメリカに遅れてスピ系ブームが到来した日本に1980年代頃?に逆輸入され、
瞬く間に広がっていきます。

この逆輸入されたレイキを「西洋レイキ」と言い、
現在よく知られているレイキとは、この「西洋レイキ」の事。
あるサイトによれば、現在広まっているレイキの8~9割は、
「西洋レイキ」もしくは「西洋レイキ」の流れを組むのだとか。

一方、すっかり廃れてしまったと思われていた日本古来の伝統的レイキは、
戦後も細々と続いていました。
これが「直傳霊気」と呼ばれるモノ。
こちらは、創始者から伝わった方法を忠実に継承した、伝統的な霊気です。
(直傳霊気の場合は、「レイキ」ではなく「霊気」と書くらしいです)

「レイキ」と「霊気」
元が同じヒーリング法ですから、かなり似通った手法なのですが、
「レイキ」の方は、よりマスター&施術しやすいように?
シンボルやマントラといった要素を追加し、
オーラやチャクラといったスピ系要素も含めた、いわば現代風?

一方「霊気」は、昔ながらのヒーリング法を
アレンジ無しに、出来るだけ正確に伝承。
オーラやチャクラと言ったスピ系要素はほぼ無しの、まさに伝統的手法。

どっちが良いとか悪いとかではなく、
どちらにも一長一短があるような感じです。

上記のレイキの知識は、私が覚えている内容をざっと書いただけなので、
もし間違っているところがあったら、スミマセン。

まぁ、結局のところ、レイキの手法には大きく二種類があって、
どちらも元は同じだから、根本的な手法は一緒だけれど、細部に違いがあるらしいって事。

上記の知識をふまえて、レイキか?霊気か?
どちらを選ぶか考えてみますと、
「西洋レイキ」は一般的に知られているので、
体験するにも教わるのもこちらの方が利便がいい。
(やっているところが大阪にも結構あります)
講師&施術者&実施場所が多いので、自分の都合に合うように選び易いってのもあります。

一方、「直傳霊気はあまりやってるところがないな~」
と思いきや、運良く京都某所に直傳霊気の本家本元が!
京都なら電車でしゃーっと簡単に行けるし、
何となくヒーリングを習うなら、私は日本人で日本で施術するのだから、
「伝統的なレイキの方が、元から日本にあった仕様で、日本人向けでいいんじゃないかな~」
との思いもありまして
(決して西洋レイキを否定しているわけではありません)
こちらもなかなかの好印象ではあります。

どちらの施術料金もプロになる講習料金も、まぁまぁ手が届く辺り。

で、どっちも両方と言うのは、ちょっと無理だけど、
取りあえず、どちらか一方のレイキを習ってみようかなと考えておりました。
それに、なんとも不思議な出来事なのですが、
この頃から、通勤に使っていた公共バスの車体に
そりゃーでかでかと目立つように描かれた「レイキ」の特大広告を、しばし見かけるように!
(某病院でレイキを施術していたようです)

「こりゃ、シンクロニシティ?レイキを習うべきなのか?」
なんて、不思議な縁もちょこっと感じたりしたのですけど、
何故ですかね…、どうにもあと一歩が踏み出せないのです。

日本でも海外(特に欧米)でもそこそこ知名度があるヒーリング手法であり、
知名度があるなら、効果もそれなりにあるんだろう。
(欧米では場所によりますけど、代替医療として認められていて、保険がきく所もあるのだとか)
また宗教とは無関係で、平均的施術料もまぁ常識範囲内?
ヒーリングなんて基本的怪しいけど、レイキは比較的怪しげな部分が少なそうだし…

そう思って、やってみようと思うのに、
どうにも何かしっくり来ないモノがあるんですよね…。

なんでかな~と思って、よくよく考えてみますと、
一番の理由は私個人の直感的なものです(^_^;)

当時の私はヒーリングの事なんて何も知らない初心者だったけれども、
何故かある程度の施術イメージがありまして、
それが「ヒーリングは非常にシンプル!なもの」と言う事。

レイキもシンプルな方だとは思いますが
(習った事はないので、書籍や伝聞の範囲内の情報からですが)
シンボルとかマントラっていうのが、どうも違和感があるんですよね…。

決して、それらを否定したりしているわけではありません。
シンボルやマントラで、より効果的なヒーリングを行える人は沢山いると思います。
しかし、どうにも私には合わない感じがするんです。
これはあくまでも感覚的なものなので、
意外と習ってみたら自分にマッチするかもしれませんが、
今現在は、「自分がマスターするには、どうにも相性が悪そう…orz」
ってな感触です。
(自分がレイキを受ける側なら、問題はないと思いますが)

そして、もう一つ、レイキを習う事を押しとどめている理由。
それは
「各レイキの施術者のヒーリングレベルに、かなり差があると思われる事」
つまり、
「たとえ施術者がレイキマスターであったとしても、
そのヒーリングレベルがピンキリであると思われる」
と言う事です。

素晴らしいヒーリング手法であるレイキですが、
そのレイキの(唯一の?)大きな欠点だと私が考えているのが、上記の内容です。


次回、もうちっと詳しく上記の事について書きます。
続く…。


読んでくれて、ありがとう。
応援クリック、よろしくお願いします。m(_ _)m



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
23:52  |  ヒーリング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sonoippo.blog45.fc2.com/tb.php/127-4089abb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。