2010年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.31 (Mon)

ダイエットで見えた前世

以前の記事で、1年で約12㎏のダイエットの成功!
ということを書いていたかと思います。

あの記事を書いた後、またすごいスロースピードで
体重が落ちてはいたのですが、ここ一月ほど、増えては減りで
結局、プラスマイナス0状態です。(^_^;)

一週間ほど前から、かなり昔に某カタログ通販サイトで購入した、
「耳つぼダイエット仕様のイアークリップ?イヤリング?」
(耳に付けると、耳つぼ辺りにマグネットが当たるようになっている。
現在は売ってないみたいです)
を着けているのですが、着けてからまた徐々に体重が減りだして来たんですよv
これは、耳つぼのおかげなのか…?
とにかく、ずっと突破できずにいた○5㎏の壁を乗り越えましたよ(^^)/
(ちなみに、このイアークリップ、ずっと昔に買ったものの、
すっかり存在を忘れていて、リーディング用小部屋の掃除の際に発見したもの。
これも、掃除様々であります!)

けれども、ある程度?体重が落ちましたし、基本超インドア生活を送っているので、
適度な運動もしなくてはいけないなぁ…と思いつつも、
なかなか実行できずにいる日々です。orz
オラクルカードをたまに引いてみると、「ヨガやってみなyo!」
ってなカードが良く出ます。

自分でもわかってはいるんだよね…。
筋肉少なくて、基礎代謝が低いんで、
とにかく筋力付けて代謝アップしなきゃいけない事は…。
上の人や後ろの人も、なんとな~く「動きなはれ…」
とプレッシャーかけている気がするし…。

でもね、運動は苦手というか、一人でやるのってつまんないですね。
私のダイエット仲間はかなり遠方にいるのだよ…。orz
取りあえず、習慣化ですな。
ブログ書きもそうなんですけど、ある程度運動のリズムができれば
何とかなるかな…と思いつつ、日々の買い物兼ウォーキングで誤魔化してます。(^_^;)

さて、本日のお題ですが、
私はヒプノセラピストの資格を取る前に、
「まずヒプノセラピーを体験してみなければv」
と思って、何回かヒプノセラピーを受けた事があります。
その時の体験を一つ、お話ししたいと思います。



このセラピーの時は、今から二年くらい前の出来事ですが、
当時も今と変わらず、おデブさんだった私。
この時は「どうして太り続けるのか?」
確かこのようなテーマで過去世を見に行きました。

私は、ヒプノセラピーでもがっつり映像で見えるのですが、
この時見えてきたのは、西部開拓時代?
「大草原の小さな家」とか「西部劇」を彷彿とさせるような、
アメリカ西部の田舎町でした。

私は、町から少し離れたところにある農場主の一人娘で、
父親は2、3人のカウボーイを雇って、農場を管理しています。

一番初めに見えたのは、10才前後の長い栗色の髪をした女の子(過去世の私)でした。
焦げ茶色の編み上げブーツに、エプロンドレスをしています。
髪は背中まであり、ウエーブがかかっており、目は青か緑。
肌は白く、そばかすが鼻の周りに散っています。

次に見えた時、私は17,8才頃の年頃の娘になっていました。
この時の私はかなりのふくよかな体型で(子供の時は普通体型だった)、
郊外にある自宅からわざわざ買い物をしに街まで行くのですが、
サイズやデザインで気に入るものがなかなか見つからず、
悲しく悔しく思う日々を送っていました。
痩せていれば着れるのにって内心感じていたようです。

またこの時、私には買い物以外の目的がありました。
(恐らく)街で一目惚れした初恋の人に会えるのを楽しみにしていたのです。

金髪に青い目のハリウッドスターのように格好いい人で、
時折通りの角にて二、三人の友人と話している姿を見つければ、
そっと離れたところからその姿を眺めては、溜息をついていました。
彼は町一番?のハンサムさんなのですが、その容姿を奢るようなところは全くなく、
むしろ非常に性格の良い好青年であったので、町中のみんなから好かれています。

『もしかしたら、彼は性格の良い青年だから、
私が告白しても、馬鹿にするようなことはないかもしれない…』
内心、そんなことを思って、いっそのこと告白しようかと考えましたが、
私は自分の容姿に強いコンプレックスを持っていました。
『こんなに醜く太った自分では、きっと彼に受け入れては貰えないだろう』
内気で気弱な私は、ただただ遠くから彼の姿を目にするだけで満足していたのです。

しかし、数年経ったある日、とてもショックな出来事が起こります。
あの憧れのハンサム青年が結婚したというのです。
自分より5,6つは上の彼でしたから、いつ結婚してもおかしくはなかったのですが、
その報せは私に非常に強いショックを与えました。

彼の花嫁となった女性は、長い金髪に色白でほっそりとした、同じ町に住む美人さんです。
どう考えても、太った自分が敵う相手ではありません。
お似合いのカップルだと心の中で納得はしたものの、
でもやはり、結局告白できなかった後悔もあって、とてもショックを受けました。
初恋が破れたショックに泣き暮らしているうちに、
いつの間にやら自分はすっかりスマートどころか痩せ型になっていました。
泣いてばかりいて、ろくに食事をしていなかったせいだと思われます。

しかし、折角スマートになったというのに、
不健康な痩せ方をしたせいなのでしょう、
私の顔は十歳以上も老け込み、頬はこけ、不幸そうな顔つきで、
以前のおデブさんの時の方が魅力的と言える程です。
父親の農場で黙々と暗い顔で働いています。

そんな私を心配したのでしょう、
娘の大失恋を気遣って見守っていた両親が、ある日、縁談を持ってきます。
相手の男性は、父親の農場で働いている?有能なカウボーイで、
後継ぎ息子がいない父親は、彼を婿として迎え、
ゆくゆくは農場を任せるつもりのようです。

縁談の相手は、決してハンサムとは言えない平凡で素朴な顔立ちの
寡黙な青年でしたが、人柄の良い少し年上の人物でした。
私も農場で女性向きの仕事(料理や洗濯など)をして、働いていたので、
彼とはそれなりに顔見知りでした。
彼がとても誠実で優しい好人物であることはわかっていましたし、
両親にも気にいられており、申し分ない人物なのですが、
初恋のハンサム青年が忘れられず、なかなか結婚に踏み切れません。

それどころか、相手の男性が自分に好意を抱いている事を感じると、
嫌悪感しか湧きません。
一方で、すっかり婚期を逃してしまった自分は、結婚するしかないと
あきらめの気持ちも持っています。

そうしてグズグズしているうちに、また月日が過ぎてゆき、
このままではいつまで経っても結婚できないと心配した両親に、
半場無理矢理に結婚させられてしまいます。
見た目30代半ばくらい(老け顔になったので実年齢はもっと若いかも)で、
私は結婚しました。婚期が遅いせいか地味な結婚式です。
花嫁の自分は悲しいと言うよりは諦めや仕方がないと言った表情をしていますが、
花婿は微笑んでいて嬉しそうです。

新しい家庭生活は、私にとっては不毛な日々でした。
夫となった彼は、とても優しく愛情深く接してくれました。
しかし、いつまで経っても初恋が忘れられない私は、
なかなか彼とうち解けることができませんでした。

妻としての務めはきちんと果たしていましたが、
夫に対して愛情深い態度までは取れずにいました。
そのせいで家庭内は冷え冷えとした空気が流れているというのに、
そんな私の冷たい態度に怒ることなく、彼はずっと愛情深い態度で接してくれました。
彼は私が初恋の人をずっと忘れられずにいることを知っているようでした。
しかし、そんな私の全てを受け入れ、愛してくれています。

結局私は、彼との間に子を成すことはありませんでした。
父親の農場を引き継いで、経済的には穏やかで安定した暮らしを送りましたが、
いつまでも心の片隅に初恋の君を宿したまま、夫に見守られ、老衰で亡くなりました。

この人生を振り返ってみて、この人生のテーマを考えてみます。

この人生で私が学んだ事、それは「愛を受け入れること」でした。
この過去世では初恋の人にいつまでも執着せずに、両親が選んだ相手を受け入れるべきだったのです。
そうすれば、子供は出来たかどうかはわかりませんが、夫と二人、幸せで充実した生活が送れたのです。
彼は自分を、決して情熱的とは言えなかったかもしれないけれど、真剣に愛してくれていました。
私にとっては不本意な結婚でしたが、彼にとっては心の底から願った結婚だったのです。

しかし私は、そんな深い愛情を注がれながらも、
いつまでもすでに終わった初恋にこだわって、夫を受け入れようとしませんでした。
でもそんな私を夫は愛し続けてくれました。



「ダイエット」ネタで「恋愛・結婚」ネタが出てくるとは!
正直、驚きです。

実は、この「初恋の君へのこだわり」が、私のダイエットの障害だったのです。
ずっと太り続けている原因は、
「初恋をしていた幸せな頃、私が太っていた」ためのようです。

「太っていた時は初恋の人を想い続ける事ができて、幸せだったなぁ」
という良いイメージがあまりに強く、
「太っていれば幸せだった」
「痩せたら気の染まぬ結婚をしなければいけない、だから痩せない」
と無意識に思っていたのです。

しかし、この過去世を見ることで、痩せてから出会った彼こそが、
自分の本当の相手と分かり、
「幸せなままでいるには太っていたほうがよい」
という思いこみが、
「痩せれば彼と出会える、痩せたら幸せになる」
と書き換えられたように感じます。

この時のセラピーでは、ハイヤーセルフとお会いして、
色々とダイエットの助言も受けたのですが、
結局、中途半端にしか実行しなかったので、
(ハイヤーセルフさん、ご免なさい…)
思うようには痩せませんでした。
しかし、特に何かしたわけでなく、セラピー後に数㎏は落ちたので、
セラピーの効果はあったかと思います。
たぶん、ハイヤーセルフさんの助言に真面目に取り組んだら、
もっと痩せていたんだろうなぁ…。
ダイエット効果は、セラピーの効果うんぬんっていうよりも、
本人の意思次第ですからね…。

ちなみに、ハイヤーセルフさんの助言はこんな感じでした。
・今の食生活を変え、運動をすること。
・イメージだけでも痩せるけど、実際にダイエットを行った方が、実感がわいて成功しやすい。
・痩せた時の服を飾るのはよい。また、女性誌のモデルの写真を貼っておいて
 痩せた自分をイメージするのも良いとのこと。
・とにかく、自分は何事も諦めがちであるので、諦めずにいきなさい。
・絶対に成功するし、彼氏にも出会えます。
・本当は今でも会えるけど、貴女は痩せないと会えないという思いが強いから、まずは痩せなさい。
・手帳に理想体重を書いていくのも良い。
・イメージと、実行の二つの力があれば痩せます、必ず。

上記を読んだ方、「あれ?」って思ったりしませんでしたか?
そうなんです。
過去世の私の旦那様、今世でも関わりがありそうなんですよねv
まだ出会えてはいませんけど、もしかしたら、将来の結婚相手なのか?
(いや、そうだったら、相当ロマンチックな話だと思いますが)(*^_^*)

この過去世でのテーマ「愛を受け入れること」、
実は今世でもテーマになっているようでして、
その関係で、この彼とは何らかの接触があるのかもしれませんね…。


当時書き留めておいたメモを頼りに書いたのですが、
今でもはっとするところがありますね。
ヒプノセラピーって、こんな感じでなかなか奥が深いです。

読んでくれて、ありがとう!
応援クリック、よろしくお願いします。m(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
00:48  |  前世療法  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.30 (Sun)

第二回 無料ハイヤーセルフ・リーディング 募集開始のお知らせ

5月初めに募集しました「無料ハイヤーセルフ・リーディング」も無事終わりまして、
次回はどうしよかなぁ?と悩んでいたのですが、
自分が思っていたよりもなかなか的確にリーディングできているようなので、
第二回無料ハイヤーセルフ・リーディングを募集致します。

募集開始は6月2日 21:00~
募集人数は、先着順で5名。


今回は、前回とは違って5名ジャストで締め切らせて頂きます。
申し込んだのに外れてしまう方がでるかもしれません、ご免なさいね。

募集開始時刻になりましたら、注意事項と共に申し込み専用メールフォームを設置しますので、
そちらからお申し込み下さい。

注意事項は以下の通りです。

★ハイヤーセルフへのご相談は、お一人様一つでお願いします。

★お申し込みの際、ご相談者の本名、ふりがな、現住所(都道府県、市町村までで可)、
 メールアドレスの記載は必須です。

★ご相談者のHNは、ブログ上で公開可能なお名前でお願いします。
 (メールで御連絡できなかった場合や、お知らせすることがある場合などに、
  ブログ上で記載する場合がございます)

★簡潔でかまいませんので、「どうしてその相談をするのか」
 その理由や事情を書き添えてくださると助かります。
 (事情も書き添えて頂く方が、リーディングの精度やハイヤーセルフさんからの回答がはっきりしてきます)

★リーディング結果は、メールにて個別にお送りします。
 返答時期は、6月14日~16日頃を予定しています。

★ハイヤーセルフとのやり取り、ご相談内容をブログに転載することをお願いすることがあります。
 (もちろんお断りしてくださっても全然かまいません)

★「ハイヤーセルフさんの姿を教えて下さい」
 「何でもよいのでハイヤーセルフさんからのメッセージを教えて下さい」
 といったご相談内容のみですと、リーディングをお断りする場合があります。
 (ハイヤーセルフさんは、目的のあるご質問にしかお答えできません)

★リーディング結果は、「こうしなければいけない」「絶対に従わなければいけない」
 というものではありません。
 結果内容を鵜呑みにせず、軽いアドバイス程度と受け止める事。

★リーディング結果が、ご相談者にとって、納得いかない内容になる場合があります。


上記の注意事項をお読みになり、納得した上で、お申し込み下さいね。
6/2、申し込んでくださるのをお待ちしております。m(_ _)m


それから、ちょっと個人的宣伝なんですが…、
大阪府箕面市の自宅にて、セラピールームをOPENすることにしました!
(実は、この宣伝の数日前に、ヒプノセラピーのお問い合わせを頂きまして
これも引き寄せか?シンクロニシティか?と、とても驚きました)

ヒプノセラピーがメインなのですが、ヒプノを受けて頂いたお客様にのみ、
無料でヒーリングと対面のハイヤーセルフ・リーディングも行う予定です。
近日中(6月上旬)に、HPもブログで紹介しますので、お楽しみに!!

これだけでは、ちょっと記事が短いので、
セラピールームをオープンするまでのちょっとした不思議話を一つ。

昨年から、自宅でヒプノセラピーをしたいなと思っていたのですが、
なかなか思い切りがつかず、ずっとグダグダ思い悩んでいました。
そんな悩みで唸っていた昨年末、それは、風呂場で髪の毛を洗っている時に起きました…。

シャンプーを付けて髪をワシワシ泡立てていますと、
何かの存在?を右頭上に感じます。
髪を洗いつつ、意識を向けてみますと、なぜか「金髪の女の子」の姿が見える!
そして、なんでかわからないのですが、ものすごく怒っている!

「なんじゃこりゃ?」と思っていると、
「はやくしなさいよ~(怒)」っていう感じのメッセージが。

初めはよくわからなかったのですが、どうも自分以外の(つまり他人の)ハイヤーセルフ?らしい。
彼女はその後も数回現れ、その度に姿やメッセージが鮮明になってわかるように。

彼女は8~10歳くらいの白人の女の子で、くるくる金髪巻き毛をツインテールにした美少女。
エプロンドレスのようなものを着ており、とても可愛らしいのですが…、めちゃめちゃ喧嘩腰。

彼女が言いたい事をまとめますと、
「彼女が守護する人間に、私のヒプノセラピーを受けさせたいから
一刻も早くセラピールームを開きやがれ!」
と言う事でした。
ぷりぷり怒りながら、「早くしろ」「早くしろ」とせっついてくるのです。orz
可愛らしいので、そう怖くはないのですけど、しつこかったなぁ…。
2、3日に1回はやって来ていたような?(うろ覚えですが)

結局、体調を崩してしまったこともあり、セラピールームは開けず、
結果、彼女は自然と来なくなりましたが、なんとも不思議な体験でした。

あんなに自己主張が強いハイヤーセルフをみたのも初めてなら、
自分以外のハイヤーセルフさんを、リーディング以外で見たのも初めてです。

正直、本当に未来のクライアントさんのハイヤーセルフさんだったのかはわかりませんが、
こういう風に、私のヒプノセラピー受けたいと思って下さる方がいると思うと嬉しいですね。

不思議体験から約半年後になってしまいましたが、ようやくセラピールームをOPENします。
あの金髪美少女が守護するクライアントさんに出会えるのか?
それも今後楽しみですね。(*^_^*)

読んでくれて、ありがとう。
応援クリック、よろしくお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ

00:22  |  ハイヤーセルフ・リーディング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.28 (Fri)

オススメ!宇宙ネタDVD

先日、金星探査機「あかつき」の打ち上げが成功した事、
皆さん、御存知でしょうか?
順調に予定軌道に乗れた為、大変美しい地球の姿を撮影できたそうです。
(ネットで調べると写真が見れます。とても綺麗ですよv)

私は宇宙とか星とか大好きです。
(だからと言って、詳しい知識があるわけではないのですが)
どうやら、元宇宙人?のようですし(笑)、
そのせいなのか、宇宙ネタの映画とかTVドラマも好きなんですが、
沢山ある宇宙ネタドラマの中で個人的一押しが「スターゲイト」という
アメリカのTVドラマシリーズです。

映画にもなっていますので、御存知の方も多いのではないかと思います。
ドラマシリーズは、この映画版の続編として作られていまして、
映画を見てからドラマシリーズを見る方が、さらに楽しめます。

簡単にあらすじを説明しますと、
1928年、エジプトのギザ高原で謎の古代遺物が発見されます。
金属製で巨大な輪っかの形をしたその遺物には、謎の記号が彫り込まれており、
発見された当時は、何の目的で造られたのかわからず、
長年、アメリカ軍の施設で保管、研究されていました。

発見から66年後の1994年、
大変優秀ではあるが変わった学説を披露して異端扱いだったダニエル=ジャクソン考古学博士が
その謎の輪っか遺物の研究に加わった事により、
その遺物がなんと星間移動用のゲートであることがわかります。
「スターゲイト」と名付けられたその遺物を使って、
アメリカ軍は特別編成した部隊を地球外惑星に派遣。
他の惑星の人々と交流したり、困った人を助けたり、
地球人類の敵となる異星人と遭遇したり…とこんな感じの話です。

映画版では、初めて訪れた地球外惑星「アビドース」での出来事に加え、
SG-1シリーズ通しての敵となる「ゴアウルド」という地球外生命体との戦闘を描いています。

テレビドラマは映画から一年後という設定で始まり、
本格的な異星探査チームが組織され、様々な惑星へと赴く一方で、
敵対する宇宙人やら、非常に高度な文明を持つ宇宙人など、色々と出てきます。

テレビドラマは、時代設定や主人公を色々と変えて幾つかのバージョンがあるみたいですが
(SG-1とか、アトランティスとか、ユニバースとか)
ここでは、映画版の正統な後継、SG-1についてのみ記載します。
(実は、SGー1しか見てないので)

テレビドラマは、映画での主人公二人+新キャラ二人の四人がチーム「SG-1」を組んで、
惑星探査に出かけていくのですが、私はこの中で映画版でも出ていた
ジャクソン博士が一番お気に入りv

簡単にドラマの主人公四人を説明しますと、
1,ジャック=オニール大佐(映画版でも登場)
アメリカ空軍大佐。いかにも軍人といった容姿のがたいの良いおじさん。
チームのリーダーで、戦闘では一番頼りになり、強靱な肉体、体力を持つ。
筋肉馬鹿(失礼v)と思いきや、趣味は天体観測で、意外と天文的知識は豊富。
一番打たれ強いキャラのせいか、チームで一番怪我やらトラブルに巻き込まれやすい。

2,ダニエル=ジャクソン博士(映画版でも登場)
考古学者で民間人(軍人ではない)。
23カ国語をマスターし、古代文字もさらっと読み解く博識な兄ちゃん。
異星人との交渉に欠かせない(異星人は古代言語を話すことが多いので)
眼鏡をかけ、鼻炎持ちで、戦闘面では期待できないが、貧弱というわけじゃない。
オニール大佐と違って、誰に対してもフレンドリー&優しく穏やかなせいか、
女難の相持ち(笑)。やったら異星人の女性にモテる。
ちなみに、奥さんは異星人。

3,サマンサ=カーター大尉
アメリカ空軍大尉であり、理論物理学者でもある才色兼備のキャリアウーマン!
父親もアメリカ空軍の軍人(少将)。
イラク戦争にも参加した凄腕パイロットであり、エンジニアであり、物理学者でもあり、
その上、美人で、気が強くて男勝りだけど性格も良く…欠点が見あたらないじゃんv
チームではエンジニアとして活躍。戦闘面でも役に立ちます。
唯一の女性キャラのせいか、たまにロマンスネタもあったりします。

4,ティルク
惑星「チューラク」出身の異星人。
チームに加わる前は、「ゴアウルド」に仕える奴隷戦士「ジャファ」だった。
初めは地球人と敵対する側(ゴアウルド側)にいたが、
仕える主(ゴアウルド)の暴虐などから自身の立場に疑問を抱き、
オニール大佐率いる「SG-1」チームと出会ったことがきっかけで、地球側に寝返る。
普段は無口なうえ黒人の大男なので、見た目とても怖そうだが、実際は非常に優しい。
地球人類の敵「ゴアウルド」の知識に豊富で、様々な星の情報にも詳しい。
(ゴアウルドの文明は地球より遙かに進んでいる)
また、ジャファのリーダーだったので、戦闘面でも強く、頼りになる。
進んだ文明に接していたせいか、意外と機械操作に長ける。

好きな話しなので、ついつい、色々と書いてしまいますね。
興味を持った方は、是非、見てみて下さいね。
SG-1はシーズン8で終了してます。

私はあまりに好きすぎて、初めて買った&唯一保有するDVDBOXが
この「スターゲイト SG-1」でした。
シーズン1と2を持ってます。

シーズン3からは、敵の異星人との戦闘が多くなってきて
個人的には少しつまらないのですけど、
シーズン2までは、いろんな星の人達との交流がメインっぽくて面白いです。

特に、シーズン1の「四次元の妖精」がお気に入りです。
(ネタばれなので注意!)

この話は、スターゲイトで惑星探査に出かけたSG-1チームが
ある星で出会った種族の話です。
その種族「ノックス」は、とても優しく穏やかな人々でしたが、
家はその辺の木々を寄せ集めたような感じだし、
服装もよく言えばシンプル、悪く言えば粗末なもので、
パッと見、文化的に地球に劣るように見えていました。

「ノックス」のいる星には、姿を自在に消すという不思議な力を持った虫がおり、
その秘密を知ろうと「ゴアウルド」がやって来ます。
「非暴力」を信念とする「ノックス」達に、SG-1は「ゴアウルド」の残虐性を話し、
一緒に戦おうと言いますが、彼らはそれを拒絶します。
このままでは「ノックス」達が皆殺しにされると思ったSG-1は、
トラップなどを仕掛けて「ゴアウルド」達を迎撃しますが、
隙をつかれて瀕死の大怪我を負ってしまいます。

しかし、「ノックス」達の異能で、SG-1達は助け出され完全治癒されます。
実は、不思議な力を持つのは「ノックス」で、彼らは自分以外に他の物も消す異能に加え、
即死状態でも生き返らせ、完治させる異能も持っていたのです。
「ノックス」達の姿を消す異能で、「ゴアウルド」が撤退した後、
「ノックス」達はSG-1にこっそりとあるモノを見せます。

それは、天空に浮かぶ巨大な宇宙船(巨大要塞?)でした。
「ノックス」達は見かけは粗末でしたが、
実は「宇宙四大種族」と言われる非常に進化した種族の一つだったのです…。

「人を見かけでは判断してはいけないよ」
というようなエピソードですv
最後のどんでん返しっていいますか、ノックスが実はすごい種族だったんだよ
っていうのがとても好きです。
また、彼らの独特の衣装も結構好きですv

まぁ、こんな感じで、「スターゲイト」には色んな宇宙ネタが一杯です。
ブラックホールに巻き込まれてみたり、過去に飛ばされてみたり、
巨大宇宙船が出てきたり、摩訶不思議宇宙人が出たり、
もちろん、宇宙だけでなく、軍ならでは?の派閥問題に悩まされたり…。

さらには、(私はシーズン3までしかまだ見ていないので詳しくは知らないのですが)
私のお気に入り、ジャクソン博士がアセンション?するみたいです…。
なんか、高次元の存在になってしまう?らしい。
結構、スピリチュアル的にも面白いドラマなんじゃないかなぁと
勝手に思っています。

それに主人公達のキャラクターがいいんですよね。
戦いに長けた、又はとても博識な、非常に優秀な人達ではあるのですけど、
一人一人、家族やなんやらで悩みを抱えています。

オニール大佐は、幼い息子を銃の暴発で失い、そのせいもあり妻と離婚。
ジャクソン博士は孤児で家族に縁が薄く、妻もゴアウルドに攫われてしまう。
カーター大尉は、父親との関係で少しぎくしゃくしています。
(また、女性であるせいで、いろいろと苦労があるようです)
ティルクは正義に目覚めて戦っているけど、故郷ではジャファの裏切り者であり、
愛妻、愛息からは半分憎まれています。

また、エピソードでも戦闘の話だけでなく、各キャラクターの持つ悩みであったり、
彼らの仲の良い様子やうち解けていく様子も描かれていて、とても親近感がわきます。
これが、戦いに明け暮れる「敵を倒せ!」的な話ばかりだったら、
これほどはまらなかったと思うんですよね…。

興味を持ってくれたかた、是非、見てみて下さいね!


    


読んでくれて、ありがとう!
応援クリック、お願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ

19:20  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。