2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.29 (Thu)

白砂糖がヒーリングを阻害?

今日もいいお天気ですね!
多くの方は、今日から大型連休の始まりでしょうか。
早速、高速道路の渋滞が大変みたいですね。
お車でお出かけの方、気をつけて行ってらっしゃいませ(^^)/

さて、昨日の記事で書いた「ウエサク祭の瞑想」
昨夜寝る前にやってみたのですが…、
見事、寝オチしました。lllorzlll

やっぱり、寝る前にしたのがいけなかった。
元々、眠気を押してやってたしなぁ…。

瞑想は寝オチしてしまったけど、
瞑想始めて少ししてから、頭頂のチャクラ(第七のチャクラ)が
開いたような感触があって、エネルギーが流れ込んできたように感じました。
満月パワーが充填されたのかな?
最近、体内のパワー不足を感じていたのですが、改善されたような気がします。
私以外に瞑想された方、何か感じましたでしょうか?
よろしければ、コメント下さると嬉しいです。

で、瞑想後、ぐーすか寝てしまった私ですが、
朝方っていうか、夜中の3時過ぎくらいですかね、
すごい音で目が覚めてしまい、
「何事か!」
と思ったら、雷鳴でした。

私が住んでいる所は山に近いせいか、
かなり近くで雷が鳴る事はちょくちょくあるんですが、
大体、夕方頃が多いんです。
夜中にこんな雷で起こされたのは初めてかも!
天気予報で「朝の4時~6時くらいに雷雨があるかも」
って言っていたのを聞いていたので、
意外と驚きはしませんでしたが、天気予報の正確さにビックリです。
(天気予報のひょろっとした眼鏡の兄さん、ありがとう!)

それからは、家の窓がビリビリ響くくらいの雷鳴が続き、
短時間でしたが強めの雨も降ってきたりして、
「春の嵐」と言った感じでした。
皆さんが住んでいる所ではどうでしたか?

ちなみに、昨夜の雷は「どっかに落ちたんじゃないか」
と思うほどのすさまじい轟音を響かせておりましたが、
(たぶん、雷雲が家の近くに来ていたのだと思う)
私が住んでいる辺りでは、ままあるレベルの雷なんで、
「おお、夜中なのにすごい!」
と思ったくらいです。
でも、雷に慣れてない人、嫌いな人は、相当びびるかも…。
「遠くでゴロゴロ鳴ってるな」レベルじゃないですからね。
バリバリ、ズーンッ、ドーン!
って感じで、雷鳴が響くとほぼ同時に、窓ガラスがビビビッて響いて、
たまに家まで、雷鳴の音波?の震動でかすかに揺れている気がするくらい、
かなりの威力のある雷なんで…。

これも、「自宅には落ちない」って確信しているから、びびらずにいられるのかも。
近所に自宅より高いマンション群があるので、勝手に大丈夫だと思っているのです。

今日のお題にいく前に、少し白竜ダイアナさんネタを!


4/26の記事で、首の後ろに黒い「フタモドキ」が引っ付いていることを書きましたが、
現在、すごく小さくなって、一円玉くらいの大きさになってしまいました。
張り付いているところは、丁度、首の後ろの付け根辺りで、骨が少し出っ張ってる辺りでしょうか。
(と言いつつも、メタボな私は骨が出てないので、触った感触のみなんですが(笑))
今にも完全に取れそうな感じなんで、数日中には無くなってしまいそうです。

と言うのも、自分の体内エネルギー容量増加に伴い、
現在、今までのエネルギー吸い込み量じゃ、足りなくなっているようなのです。
白竜ダイアナさんに
「フタモドキが無くなれば、エネルギーをもっと吸い込めるようになるよv」
って言われて、「そう言えば!」と気が付いたのですが、
体内のエネルギー量が満タンって感じじゃないんですよ。

なんかイメージで湧くのは、
「せっかく今までの2、3倍以上、
まるで土管並みに太くなった私の体内エネルギーの通り道が、
全くフル活用されていない!
実際に流れているエネルギー量は管の半分以下で、
勢いよく流れているけど、管のスペース空きすぎで、スッカスカ」
ってな感じです。

この「土管」なみになったエネルギー導管が、隅までみっちり詰まるほどに
大量のエネルギーを流したいのだけど、私が吸い上げる量が追いつかない感じ。
たぶん、フタモドキが完全に無くなれば、
その辺のバランスが取れるんじゃないかと予想しています。

これほどエネルギー容量が増えたのは、
やっぱ、肉食が極端に減ったせいなのかな?
最近、本当に肉は食べなくなって、
タンパク源としては、卵と豆腐がメインになりつつある…。
(豆腐は元々大好物で、以前からよく食べてたけど)
あと、肉より魚に目がいくようになってきた。
最近、イワシが安いので大助かりです。

ちなみに、私は今も肉は大好きですよ!
たまにはハンバーグでも、と思いますし、
焼肉に誘われたら、喜んで行きますv
でも、何でだろ?自身のお腹に「今晩の夕食、肉、食う?」
って聞くと「No」って言われる事、多し…。
今も、ステーキとかすき焼きとか想像しても、胸焼けがする感じ。orz
でも、肉が食べられないわけじゃないんですよ。
たぶん、美味しくいただける。
けど、以前ほどたくさんは食べられなくなっているかもしれませんね。


あと、白砂糖は今も、「甜菜糖オンリー」で、
市販の菓子類はできるだけ食べないようにしています。
菓子パンの類も食べないようにしているのがちょっと辛い…。
自宅にある白砂糖の入ってそうな市販の調味料
(ふりかけとかドレッシング、カレーの素とか麻婆豆腐の素とか)は、
やっぱ捨てるのがもったいないので、普段通りに使ってます。
白砂糖を使うところを甜菜糖に換えただけです。
たまに、蜂蜜も。(もらい物の蜂蜜が大量にあるので…)

以前に比べたら、相当白砂糖摂取量が減ったんじゃないかな?
この白砂糖摂取量減少も、自身のエネルギー容量増加の一因なのかもしれません。


ここから、本日のお題です。

4/7、4/8に『白砂糖の害』に関して記事にした後、
何気なくスピ系ブログさん巡りをしていたのですが、
初めて訪れたサイトさんで、偶然にも「白砂糖の害」についての記事があるのを発見!
ちなみに、このサイトさんを訪れたきっかけは、
白砂糖とは全く関係ない記事ですから、一種のシンクロかもしれません。

で、初見のブログさんで、ブックマークもしていなかったもので、
どこのブログで見たのか不明で、記事の内容も
私の記憶頼りの少々あやふやなものなんですが、
確か内容は、
「バッチフラワーレメディの効き目が、白砂糖断ちしたら格段に上がった」
そんな感じの記事でした。

この記事を見てびっくり!
二、三年くらい前、私も「パッチフラワーレメディ」を受けたんですが、
正直、思っていたほどはっきりとした効果を感じなかったんですよね…。
でも、施術して下さった先生には何度かお世話になっていて、
人格的にも信頼の置ける方でしたし、料金もお手頃価格だったので、
「こういうもんか」と思って納得していました。

しかし!これが、「白砂糖」のせいだったら…orz
当時は、チョコレートとか菓子パンとかケーキ、遠慮無く食べてたしな…。
もしかして、今、再び受けたら、劇的っていうのは大袈裟かもしれないけれど、
はっきりとした効果があるのだろうか?
「パッチフラワーレメディ」と「白砂糖」のことを書いていた記事は、
私はこの一件しか見てはいないのですが、
この件、よく考えると、「ヒーリング」全般にも言えるんじゃかな?
と思っています。

つまり、レイキなどのヒーリングを受けた方で、
「あんまり効果がなかったな…」
と思った方の中に、「白砂糖の過剰摂取」のせいで、
効果が薄い方がいるんじゃないかと…。

これは、あくまでも私の推測ですので、
本当かどうかわからないのですが、
『「白砂糖」がセンタリングに影響する』
ことを考えると、有り得るんではないかと…。

「センタリングがグラグラしている状態」だと、
「本人が思っている箇所にヒーリングが効きにくい」
もしくは、
「ヒーリングがセンタリングの正すことに効いて、本人が効果を自覚しにくい」
のでないかと、思ってしまいました。

白砂糖がヒーリングの効果を左右するのかどうか?、
明確な証拠はありませんし、実際にこの事を体験した話も聞いた事はありませんが、
「白砂糖の有害性」の一つに、「免疫力が低下する」っていうものがあります。
私はヒーリングというのは、「体内の色んなモノを活性化すること」
じゃないか?と考えているので、
「元々弱い免疫力を活性化させても効果が薄い」=「ヒーリング効果が薄い」
という説も成り立つのではないかと思いました。

また、現代社会の食生活は、白砂糖だらけです。
白砂糖を完全に摂らずにいる方は滅多にいないでしょうから、
白砂糖摂取者と白砂糖未摂取者とのヒーリング効果の比較は難しく、
白砂糖とヒーリングの関係性は、わかりづらいでしょう。
それに、白砂糖の有害性が強く出る人、影響ない人と、
人によって白砂糖の影響もまた、異なってくるでしょう。

白砂糖がヒーリングの効果に影響するのか?
本当のところはどうなのか?
私の意見は推測に過ぎませんが、
もし、ヒーリングの効果に疑問を持っている方、
しばらく白砂糖断ちした後、ヒーリングを受けてみると良い結果がでるかも?


長文なのに、最後まで読んでくれてありがとう!
よろしければ、応援クリックもよろしくお願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
19:24  |  食事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.08 (Thu)

砂糖の害 追記

今日も良い天気でしたね!
日に日に、気温が上昇し、春めいてくるのを感じます。
近所の桜は、一番見頃、満開で、今週末は花見客が多そうです。

さて、昨日、「上白糖は有害らしい?」という記事を書いたのですが、
書いた後、「スピリチュアル的な観点からも有害だ」という記事を
以前読んだことがあるのを思い出して、追記しておきます。

一般的に「上白糖の有害性」として語られているのは、
昨日の記事でも書きましたように、

カルシウム、ビタミンBの欠乏、
神経過敏(イライラする)、頭痛、冷え性、アレルギー
といった諸症状を引き起こす
血液を酸化させ、免疫力を弱める
中毒性がある

といったところなのですが、
スピリチュアル的観点からみると、
「センタリングをぐらつかせる」
らしいです。

センタリングとは何か?
なかなか説明がしにくいのですが、
自分の中心に一本、真っ直ぐに芯が入っている感じ?
自身がぐらつかずにしっかりとしていること。
一瞬一瞬意識的に、今ここに自分の意識がしっかりとあること。
もう少し簡単に言えば、「うわの空」の反対、
一つ一つの物事に集中していること、
のようです。

で、センタリングと上白糖の関係ですが、
私が読んだ記事を書いた方は、
スピリチュアルに興味がある方で、
「センタリングができないこと」に悩んでいた方。
この「センタリングができない」が、
この方の場合、半端無い凄さだったようで、
妊娠、子育てが、そりゃもうすさまじい大変さだったそうです。
赤ん坊や幼児は、一瞬でも目が離せない存在だというのに、
この方は「意識を今に向け続けること」が難しいのです。
子供の世話をしていても、無意識に意識が子供以外に向いてしまう。
子供は、母親の意識を引き戻そうと泣きわめく。

この方の場合、「センタリングがぐらついている」状態が普通ですから、
意識が常にいろんなところに向いてフラフラしているのが通常で、楽なのです。
それを無理して、今にだけ集中させ続けるのは、非常に苦痛だと思います。
子供を愛し、一生懸命世話をする気は十分あるのですから尚更です。

結果、この方は心身共に、ボロボロになりました。
それが、何がきっかけなのか、この記事からはわからなかったけど、
白砂糖断ちを始めたら、あらまびっくり、すっきり解決!したそうです。
もちろん、砂糖以外にも色々と要因があるとは思います。
けれど、砂糖断ち以降、徐々に精神的にも身体的にも安定し、
具合の悪かった骨盤の状態さえも良くなったのも事実です。

でも骨盤の状態にも影響するとは、驚きです。
「白砂糖の害」で便秘を挙げられていたサイトがありましたが、
この辺が関係しているのかもしれませんね。


こんな事を聞いたら、ますます「白砂糖断ち」した方がいい気になりますね!
あっ、でも、この記事読んで「私もやろうかな」と思っている方に一言。

「白砂糖断ち」の効果は、個人差があるようです。
白砂糖との相性っていうんですかね。
上記の方は、砂糖が本当に身体に合わなかったようです。
身体に合わない人は、黒砂糖や甜菜糖、蜂蜜も駄目だったりするらしい…。
けど、白砂糖断つだけで、劇的に効果があるようです。
一方で、白砂糖とそんなに相性が悪くなくて、効果が薄い人もいるかと思います。

あと、もう一つ。
「白砂糖断ち」、白砂糖の中毒性に関係するのでしょうが、
ものすごい禁断症状がでる場合があるようです。
どうしても砂糖を含む甘い物が食べたくて仕方がない状態になるみたいです。
この場合、黒砂糖を少量口に含むといいかもしれませんね。
黒砂糖でしたら、固まり状態の物が売っていますから、
飴のように口に入れられますし。

私はまだ、どうしても我慢できない状態にはなっていないです。
元々、間食断ちで、できるだけお菓子を食べないようにしていたので、
強い禁断症状はなさそうです(と思いたい…)。

効果は人それぞれですが、糖分を控えめにするのは、
健康に良いことだと思いますので、
「白砂糖断ち」もしくは「白砂糖ひかえめ」、是非ご一考を!(笑)



さて、私の甜菜糖生活ですが、
「甜菜糖」にして三日目、
「適当に白砂糖断ち」を始めて十日ほど
(白砂糖が切れたのは十日ほど前です)になるのですが、
便通が良い感じです。
(ちょっと汚い話でごめんなさい)
私は便秘症ではないのですが、
ここ一、二ヶ月、便通はあるものの、便の状態がイマイチ…。
ところが、甜菜糖に換えてから、良い感じなのです。
きっと、甜菜糖に含まれるオリゴ糖のお陰かと思います。

また、「気分がすっきり」「頭がクリア!」、
性格と思っていた「のろのろ、だらだら」的気質が
ちょっと改善されたような?感じです。

私は基本、面倒くさがり&腰が重い性格なので、
期日がある物事以外は、結構後回しにしがちなんですが、
今日は、いつもならなかなか手に付かないような事を、
ささっとやってしまいました!
何だか、やる気が出る!って言うか、
ホント気分も身体も軽い感じなんです。
これ、白砂糖のせいなの?
だったら、恐ろしいですね。
性格、欠点と思っていたものが、
実は砂糖のせいだったとしたら…、かなりショックorz

いや、こりゃ、もしかしたら、
「白砂糖断ち」良いかもしれません!
でも、本格的に断つとなると、本当に大変!
買い物に行って、しみじみと思ったのですが、
調味料(ドレッシングとか、○○の素とか、めんつゆ、ポン酢等のたれ系も)、
冷凍食品、パン(菓子パンも食パンも)、お総菜に弁当、
お菓子の類はもちろんのこと、缶詰や緑茶や水以外の飲料も
少しでも加工してある物は全て砂糖が入ってそうなんですよね。

う~ん、これだと、口に入れる物は全て手作りしないと駄目なのか?
そこまではなかなかやれる気がしないので、
「できるだけお菓子とお総菜を摂らない」
くらいの決まり事でやっていきたいと思います。


読んで下さって有難う!
ポチッと、一押し、お願いします m(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
精神世界ランキング    人気ブログランキングへ

23:19  |  食事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.07 (Wed)

甜菜(テンサイ)糖を使ってみる

昨日の続きです。

先日、上白糖を使い切ってしまったのですが、
買い置きの砂糖も無く、
「上白糖を買いに行くか」
と思ったのですが、どうにも買う気になれない…。

白砂糖が無くても、
毎日料理に砂糖を使うわけではなく、
みりんや蜂蜜で代用できるので、
少々不便ですが、特に困ることもなく、
「どうしようかなぁ」と考えておりました。

と言うのも、以前からマクロビ的に使用可の
「甜菜糖」という砂糖が気になっていたからです。
「甜菜糖」(テンサイトウと読みます)は、
上白糖や黒砂糖、三温糖、グラニュー糖等と違い、
砂糖大根(甜菜、ビートとも言う)が原料の砂糖です。
(ちなみに、上白糖、黒砂糖などはサトウキビが原料)
2/19:記載訂正致しました。m(_ _)m
コメントからのご指摘、ありがとうございます。
砂糖大根からも上白糖やグラニュー糖ができるそうです。
黒砂糖はサトウキビからしかできないようですね。

マクロビ的な食事の考え方というのは、
食物を陰陽に分けて、陰陽偏らずバランス良く、というものですが、
「上白糖」というのは、陰性も陰性、強陰性食品で、
摂取禁止にまず挙げられる食品です。

そこで、上白糖についてネットで少し調べてみたのですが、
色々と知って、ビックリしました。
「上白糖は有害だ」という意見があるんですね。

「上白糖」というのはサトウキビを精製してできる食品ですが、
この精製の際、薬品を使っていること。
また、サトウキビに含まれるミネラル分も除去しているので、
体内で消費する際、ビタミンB、カルシウムを大量消費する。
神経過敏、めまい、無気力、頭痛などを引き起こす。
血液を酸化させ、白血球を弱らせ、免疫力が低下する。
麻薬のように中毒性がある。

さらには、「砂糖病」と称して、
大量の砂糖摂取は、アレルギーや冷え性、便秘、糖尿病、低血糖症、
その他色々な病気(あまりに多いので割愛させて頂きます)
の原因になると書いているサイトもありました。

個人的には、半信半疑といったところです。

確かに消費する際、カルシウム等を消費するでしょうが、
砂糖だけ食べるということはまずないわけで…。
他の食品で補える気がします。

ただ、中毒性があるというのは正しいのではないかと思います。

タイミング良く、ニュースでやっているのを見たのですが、
現在米国NYでは、「ソーダ税」という新税導入が議論されているのだとか。
名前の通り、コーラやソーダ等の飲料に税金をかけるというものですが、
この新税挿入の理由が肥満対策なのだそうです。
肥満率増加に伴って、医療費も増加しており、
「ソーダ税」から得た税金を、この医療費増加分にまわす予定らしいです。

確かに、米国の人のコーラやソーダの飲みっぷりは半端無い印象です。
日本なら食事にお茶のところを、食事にコーラ飲んでそう。
映画館やファーストフード店でのドリンクも
リットル単位かと思える大きさのようですし。
もちろん中身は、コーラ。
そう言えば、米国短期留学した友人のお土産のお菓子、
あまりに甘すぎて食べられなかったのを思い出しました。

あちらの水事情(飲料に適した水が手軽に得られないとか)や
飲料事情(お茶を飲む習慣がないとか)もあるので、
日本と簡単に比較はできないでしょうが、
あれだけ大量の炭酸飲料や甘味料入りの飲料を好んで飲むのは、
一種の中毒状態と言ってもいいのかもしれません。

一番の問題は、砂糖云々と言うよりも、過剰摂取にあるのかもしれませんね。
自身の周囲を見渡してみると、殆どの加工食品は砂糖を使っていますし、
逆に砂糖無しの物を探す方が難しいくらいです。

そんなわけで、「上白糖」はあまり身体に良くない?
という情報を仕入れ、「甜菜糖」に関する情報を調べてみますと、
アトピーや冷え性の方で、上白糖から甜菜糖に変える人がいるようです。
効果は個人差がありそうですが、
はっきり効果が出る人は本当に体調が良くなるようです。
頭がすっきりするとか、身体が軽いとか、
お肌のコンディションが良いとか。

べつに冷え性、アトピーなどが無くても、
甜菜糖はオリゴ糖を多く含んでいるため、便秘の方にもオススメです。
(オリゴ糖は腸内の善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)の栄養源に
なりますから、腸内環境が良くなり、便秘に効くようです)

ついでに、冷え性に効くのは、
上白糖の原料、サトウキビは沖縄で採れる熱帯植物で
身体を冷やす作用が強いのですが、
甜菜糖の原料、砂糖大根は北海道などの寒冷地で採れるもので
身体を温める作用があるからです。

私は冷え性でもアトピーでも便秘でも無いのですが、
これだけ「白砂糖有害&甜菜糖で体調良好」の記事を読みますと、
上白糖を買う気にはなれません。

というわけで、甜菜糖を使い始めました。
ちなみにお値段は700gで298円です。
上白糖よりはお高いですが、まぁ手頃な値段です。

まだ甜菜糖に換えて2日なので、効果はわかりませんが、
良い効果が出ると良いなぁ!
私はちょくちょくニキビが出てしまう体質なんですが、
その辺に効いてくれると有り難い…。
お肌トラブルにも効くって記事もあったし。
何か良い感じに効果が出たら、また記事にしますね。


あと、ついでにプチ雑学!
「上白糖」って日本くらいしか使っていないそうです。
世界的に砂糖と言えば、「グラニュー糖」なんだそうです。
またヨーロッパでは「甜菜糖」が砂糖としてよく使われるのだとか。
ヨーロッパは寒いですから、砂糖大根が採れそうですね。



読んでくれて、有難う!
応援クリック、お願いしますm(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
精神世界ランキング    人気ブログランキングへ

23:01  |  食事  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。